TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

設備紹介

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  設備紹介

当院の滅菌・消毒設備について

当院の滅菌・消毒はヨーロッパ規格であるEN13060に準拠した「クラスB」の基準を満たした設備を導入しており、より安心・安全の治療をご提案できるよう推進しております。

  • LISA

    歯科で用いる器具を滅菌するオートクレーブという機材です。
    このオートクレーブで感染力のあるすべての菌やウイルスを失活させます。特にこのLISAはクラスBという医科用で用いる厳しい滅菌基準を満たしており、狂牛病の原因とされているプリオンタンパクの感染力をも失活させる能力があります。当院はこのクラスB滅菌器のほかにさらに通常のタイプのものも合わせて使用しております。W&Hステリライズ社製(イタリア)

  • クアトロケア

    歯の切削に用いるタービンやハンドピースと言う器具の洗浄・注油を自動で行う機械です。皆様の治療に用いる器具を最高のコンディションで維持できるようにメインテナンスを行っています。カボ社製(ドイツ)

  • STATIM Class S 超短時間滅菌器

    治療箇所が細部まで見えることで、より精密な治療を行うことが出来ます。

  •  

当院の設備について

当院では歯科用デジタルCT撮影装置をはじめ、感染や異物反応の心配のない自己血液を生成するCGFを用いたインプラント治療など、最新の機器・術式で患者さまに確実で安心な診療を推進しております。

  • ピエソサージェリー

    インプラントオペに用いる超音波メス。硬いものは切れて、軟らかいものは傷つけないと言う超音波の特性を生かして、上顎ソケットリフトなど粘膜を損傷させないで骨の削除を行います。
    これにより上顎のインプラント治療は飛躍的に腫れや痛みを低減することが可能になりました。シルフィルデント社製(イタリア)

  • イントラサージ300

    インプラントのときに使う、オペ用ドリルのモーター。 顎骨にインプラントを埋入する際に計画した位置に正しく埋入孔を開けることは、きちんとした咬合のためのみならず、事故防止の観点から非常に重要なことです。
    優れた回転精度・回転制御技術等で世界のトップレベルを誇るカボ社製(ドイツ)のインプラントモーターを採用しています。
    術中の万が一のトラブルに対応できるようバックアップ用の本体+ハンドピースを2セット以上用意してあり、安全な医療に対応しております。

  • KEY3 レーザー

    軟組織(歯肉)や硬組織(歯・骨)の切削等の治療に用いるエルビニウムレーザーで、これもカボ社製(ドイツ)で、優れた機能は広くヨーロッパで認められています。
    当院では主に歯肉の切除等に用いています。切除と同時に止血を行いますので、通常のメスよりも出血量・疼痛が少ないという特徴があります。

  • ダイアグノデント

    チップの先端から出る微弱なレーザーを歯に照射しますと、虫歯のところと正常なところでレーザーの反射率が異なることを利用して、これを数値で表示します。
    レントゲンを撮影することなく、簡易な虫歯の診断ができますので、特に小児の治療には威力を発揮します。カボ社製(ドイツ)。

  • ペリオテスト

    インプラント埋入後、骨としっかり結合(オッセオインテグレーション)したかどうかを測定する機材。勘に頼ることなく、数値で判断できるので客観的データに富む診療が行えます。メデジンテクニックグルデン社製(ドイツ)

  • ぺリオチップフィードバック

    KEY3レーザーにダイアグノデントの機能を搭載。直接目で見ることのできないポケットの中の歯石をピンポイントで除去できます。
    同時にレーザーの殺菌作用とあいまって効果の高い治療が可能となります。(保険診療適応外)

  • AED(自動体外式除細動機)

    今でこそ一般的になってきましたが、当院では九州の歯科医院の中では一番早く採用しました。
    万が一の際には適応できるよう院内救急蘇生訓練も行っています。

  • モニター(バイタル用)

    術中の血圧や脈拍、血中酸素濃度を監視するモニターです。 安全な診療を行うために設置しています。

  • デジタルレントゲンプロセッサー

    いまや多くの歯科医院で導入されているデジタルレントゲンプロセッサーですが、当医院ではデジタルレントゲンプロセッサーの黎明期より導入し、現在はさらにフィルムと比べても遜色のないGC-R7600Dと言う第4世代目のデジタルレントゲンプロセッサーシステムを採用しています。
    被曝線量低減はもちろんのこと廃液がありませんので環境にも配慮した診療が可能になりました。

  • デジタルパノラマ撮影装置

    デジタルパノラマX線撮影装置は、フィンランド Planmaca社製を導入しており、さらなる低被曝での撮影が可能になりました。パノラマX線撮影では、上顎・下顎全体だけでなく、顎関節や上顎洞という鼻の横にある空洞まで撮影することができます。その為に口の中全体の診査を行なうのに適しています。
    当院のインプラント治療では、このような口腔内全体を把握し適切な治療するよう努めております。

  • メディフュージ

    当院では、シルフィラデント社製(イタリア)のメディフュージを導入しております。血液を遠心分離し骨成長因子を豊富に含むCGF(concentrated groth factor)という完全自己血液由来のフィブリンゲルを生成する専用遠心分離器です。
    一切の薬剤を使うことなく本人の血液から生成しますので感染に対するリスクがまったくありません。これからインプラント等の再生医療分野でいまもっとも注目、期待されている治療法です。

  • オペライト

    インプラントオペの時に活躍するクロモフェアE558というオペ用ライトです。 最新のLEDライトで省エネで発熱を抑えるなどの特徴があり、灯体も薄くコンパクトにできています。 影のできない明るい術野は安全な手術環境を提供します。
    当院が全国で先駆けて導入しました。
    ベルヒトールド社製 (ドイツ)

  • セレック

    当院ではコンピューター制御によって歯の修復物を製作するセレックシステム(CAD/CAM)を導入しております。
    従来の手作業でおこなっていた作業をコンピューターでおこなう為時間の短縮と三次元による正確な咬み合わせを可能にしました。

  • In Eos X5

    セレックシステム(CAD/CAM)のデータ取得を5軸連結式アームとスキャンエリアで、迅速且つ自動でより正確に行います。この精緻なスキャナーにより製作精度が飛躍的に向上しました。

  • シリンジポンプ

    治療に恐怖心のある方はシリンジポンプを用いて当院では「静脈内鎮静法」という完全無痛治療も可能です。 シリンジポンプに充填された薬剤を、設定された一定の流量で注入する機器です。

  • BISモニター

    静脈内鎮静法時、麻酔薬を注射後、患者さまがどのくらい鎮静されているか脳波情報を監視しながら治療を進めます。 鎮静モニターとしてBISモニターを使用しています。

  • ファイバースコープ

    オリンパス社製のファイバースコープを導入しております。菲薄な上顎臼歯部の治療は万が一上顎洞内にフィクスチャーが迷入しないとは言い切れません。
    当院では他科に依頼するのではなく、全て院内で帰結するよう装備しています。また他院からの摘出依頼にも対応しています

  • ベッドサイドモニター

    診療時に用いることで、患者さんの心電図や心拍数(脈拍)、呼吸数、血圧、体温などの異常を早期に発見することが出来ます。

uuu