TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ»  糧を得ること

糧を得ること

糧を得ること

院長の舩崎です。

生きていくためには生計を立てる必要があり、私の場合は診療をして得た対価が生活の糧となります。

おかげさまで当院は患者様の来院数が多く、傍目には収益が多いように思われますが、ここで声を大にして言いたいのは患者数が多ければ収益は多いとは限らないということです。
そもそも医療は商売ではありません。商売は利益を優先して考えますが、医療はあくまでも治療を行うことです。しかもその診療報酬は保険で定められていますので、保険医である以上は保険治療が主な診療になります。

実際に診れば診るほど経営的にキツイ診療科目があります(おそらくどの科にも)。
収益にならないので、診療を断るなど言語道断であります。しかしこのような診療ばかりしていても経営が成り立っては行きませんし、最近の風潮はすぐに収益いかんでクリニックの体質を判断されます(これははっきりって小泉純一郎のせい)
キレイ事を言ってもスタッフもいますし、材料費も、機械なども購入費も必要です。保険収入は上がらずして、出ていくのばかりが肥大化していくのが辛いです。

それでもまだ患者様がお陰で美味しく食べられるようになったと感謝してくださることは無形の収益でもあります。
ただ残念なのは一生懸命はたらく人が報われるのではなく、不動産であるとか株式であるとか、はたまた最近はYoutube?であるとか、まるで働くことを否定するかのようなモノがもてはやされる風潮がますます台頭してきている気がします。
実際この世の富裕層は実働で稼いでるわけではありませんからね。

私は歯科医になったことを未だに誇りに思っております。ただ思うらくは一生懸命働けば楽はしようとは思いませんが、常にお金に追われるような環境は御免被りたいです。

2019-11-25 00:23:14

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
uuu