TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ»  看護師の勤務は劣悪か?

看護師の勤務は劣悪か?

看護師の勤務は劣悪か?

院長の舩崎です。

アサヒ・コムに以下の記事がありました。

 看護師らの長時間夜勤につながる「2交代制」を採用している病棟は39・3%で、1981年の調査開始以来最多だったと、日本医療労働組合連合会が発表した。2交代制を採用している病棟のうち、半数超の54・4%が16時間以上の長時間夜勤だった。

 調査は、全国383施設で働く看護師ら約11万8千人を対象に、今年6月の勤務実績を調べた。

 終業から始業までの勤務間隔について、国際労働機関(ILO)の勧告は12時間以上としているが、調査では46・0%と半数近くが8時間未満だった。

 1カ月あたりの夜勤回数は、3交代の職場では平均7・64回だった。看護師確保法に基づく基本的指針では、8回以内が努力義務だが、3割近くが9回以上だった。集中治療室心疾患集中治療室など重症患者が対象の職場に限ると、約4割が9回以上だった。


要は勤務間隔が短く、長時間労働とのことなようです。
ただしこれを劣悪という言い方で良いのでしょうか? 医療の現場は今までこれで踏ん張ってきたのだと思います。
決定的な原因は人員不足にあります。以前は子どもたちに将来の夢は?というアンケートなどで看護婦さんになりたい、問答えも少数派ながらありましたが、現在はそんな事を言う子供はほぼいないそうです。

働き方改革は結構なのでしょうが、ただ規制を進めていくだけで、対策の部分には全く目を向けられていません。
人で不足なら魅力のある職種にするとのことでしょが、以前は人命に関わりたいという崇高な気持ちで志望する人が多かったのですが、最近の風潮で楽して、儲かりたいでは、ますます遠い業種になっていきます。

病院によっては成功しているところもあるようですが、採用条件を良くするためにはやはり高い給与を提示することにもなりますが、多くの病院、医院にはそんな体力はありません。追い打ちをかけるように統合策などが出ているようですが、リストアップされた中で廃止される可能性のある病院は将来に不安を抱えてしまうので、人員が離れてしまって行っているという話も聞きます。結果われわれの身に降り掛かってくる問題でもあるのです。

穿った見方をすれば、膨大する医療費を抑制するために患者の利便性を損なってでも統廃合を進めていきたいのでしょう。病院の数が減れば、相対的に増やす看護師の数の不足が少しでも抑えられるということになります。

日本は良い国と思っているのですが、歯科ではありますが、本当に経営?仕事?をし辛い国になってきています。



 

2019-11-21 09:01:35

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
uuu