TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ»  保険の集団的個別指導

保険の集団的個別指導

保険の集団的個別指導

院長の舩崎です。

昨日厚生局による手段的個別指導がありました。
じかんが13:30からでしたので、午前の診療を終え、タクシーで会場に駆け込みました。集団指導のときは診療終了後に開催されるので、できればそうしていただければありがたいのですが、午後の診療の一部を削って出席せざるを得ません。

で、説明というか指導。
今年から技官が新しい技官になりましたが、淡々と説明が進んでいきますが、やはり大切なのはカルテの記載ということになります。この期に及んで不正請求をするものはいないと思うのですが、やはり詳細な記述が求められています。

昨今医療訴訟が増えてきており、その際の医療者側の証拠となるのがカルテということになります。
医科ではカルテjコンピュータが普及しており、診察をしながら入力するというスタイルですが、詳細に入力するためには、常にキーボードとディスプレイを見ていなければならず、診察をうける際にこの医者は診察する気があるのかと思うくらいディスプレイに見入っていることもあり、詳細な入力の故、患者と向き合う時間が少なからず削られてしまうということがあります。

歯科の場合は例えば銀歯を装着し、セメントが硬化する間に記載するなど、案外記載時間の取りようは良い感じで得られる気がします。

正直診療平均点の高い医療機関から選出される保険指導は、ややもすれば少々反発したくなる気もあるのですが、今回はキチンの記載することの重要性をさらに認識したという点ではためになりました。一層の充実を図りたいと思います。

2019-07-12 08:43:24

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
uuu