TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ»  歯磨きなどなど

歯磨きなどなど

歯磨きなどなど

院長の舩崎です。

最近テレビで放送されたのか、歯磨きについて2つのことを尋ねられることがよくあります。

ひとつは食事をしたあとすぐに磨くか、しばらく(約30分程度)放置してから磨くほうが良いのか?
もうひとつは歯を磨いたあと、口を濯ぐのは少しの水で良いのか?(あまり濯がない方がいいのか?)

の、2点です。

まず最初のお尋ねなのですが、見たテレビの内容によって受け手の印象は変わるかと思いますが、コレに関しては専門家でも意見が別れているところで、食後時間を開けてから磨いた方が良いという説を提唱される歯科医は、食後酸性に傾いた口腔内で傷つきやすい状態の歯を磨くと、エナメル質が削れてしまうので、唾液が中和する時間をとるというものです。
早く磨いた方が良いという説を提唱している歯科医は、経時的に菌が食べ物の残りカスを利用して酸を作り出すので、早く磨いた方が良い、というものです。

私はその方の習慣に合わせてどちらでも良いと思います。口腔内は食後すぐに酸性に傾きますが、唾液が希釈中和していきますので、わざわざ時間をとる必要はないと思いますし(歯はそこまでヤワではない)、逆に食後に食事の余韻を楽しみ、少しゆっくりしたいという方もいるでしょう。その方は食後時間は開いてもちゃんと磨けばよいのです。

最後のは磨き後の含嗽。
これに関しては真実で、せっかくフッ素を含有している歯磨剤を使って磨いても、何回もゆすいでは薬効が消滅してしまうから、というのが理由です。ポイントはフッ素が含有されているもので、なおかつあまり濃厚なペーストタイプでないものの方が良いでしょう。いくら口を濯ぐのを少なくしたところで、あまりにも口の中がベタベタではたまりませんからね。液体タイプのものがればそれが良いと思います。具体的には10ccの水で濯ぐだけで良いとされています。
フッ素は子供が虫歯予防のために塗布するもの、という感じですが、特に高齢者は口腔内の最近の性状が変わり、歯の根元に近い部分が侵されて来ますので(根面カリエス)、この部をしっかり磨いて、フッ素を意図的に残すような含嗽の仕方が良いと思います。

今日は私にしては珍しくためになる?話でしたw

2019-06-10 08:53:57

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
uuu