TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ»  外来生物

外来生物

外来生物

院長の舩崎です。

私が子供の時分でしたので、50年以上前の話です(子供の頃は50年も前の話になるという事実に我ながら驚きましたw)

この頃テレビのCMで確かモリナガのチョコボールのオマケに当たるとミドリガメがプレゼントされると言う企画がありました。今ではツッコミどころ満載なものですが、当時は昭和の鷹揚な世相でしたので、私も応募したかと思うのですが、残念ながら当たりませんでした。

ところが、それを境に一気にこれらの外来生物の輸入が加速し、今になってはご存知の通り逃げたり、飼いきれなくなって放たれた個体が野生化して繁殖し、全国的に日本固有種を駆逐するに至り、駆除されるという対象になっております。
このような種は環境適応力と繁殖力が強く、もともと日本とは環境が異なる生息地域であったであろうことを物ともせずに増えてきたのでした。

最初はカワイイと飼育されていたこれらの外来生物ももてはやされた後は見向きもされなくなり、その内に駆除の対象になってしまう。。。。人間のエゴによる犠牲に他なりません。

話が唐突なのですが、結構目にすることの多いコンビニエンスストア。これも働き手や、同一地域に過剰出店など影響で、過当な競争にさらされている業種ですが、そのコンビニより多いとされているのがご存知歯科医院。
国家試験では歯科医師の合格率は抑えられなど、余ってはみ出したような職種には、国も世間も冷たいような気がして、哀れな外来生物に我が身を重ねるのはいささか自虐にすぎるでしょうか?

 

2019-05-08 08:51:26

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
uuu