TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ»  新紙幣デザイン発表を穿ってみる

新紙幣デザイン発表を穿ってみる

新紙幣デザイン発表を穿ってみる

院長の舩崎です。

早々と新紙幣のデザインが発表になりました。そう早々と、です。
政府は20年毎に変えているので、今回もそのタイミングで改元に合わせての発表ではない、といいますが例年より数年早いタイミングですので、合わせていないわけがありません。どうしてもっと素直に言えばいいのにって思います。

紙幣にはその顔となる人物が選ばれますが、私ら時分は1万円札といえば聖徳太子。まだお金の価値が高かった頃ですし、聖徳太子自体遠い昔の人物でしたので、そりゃぁ1万円に対する価値観は今より遥かに高かったと思います。

それが今回は渋沢さん。
偽札が作りにくいためのヒゲがないとか、女好きであったなどから今まで候補に上がっては採用されなかったとのことですが、世の中の偉人は偉業ばかり強調され、それとともに完璧に人物化されるきらいがありますが、少なからずお金や地位がお有りですので、その方面でもご活躍なのでしょう? 知識浅薄な私が書くと誤解を招きますが、出身地の地名が血洗島というのも知らなければちょっと驚く地名です。
ただこの方は他の同様の人物が財閥を作って言ったのに対し、私利を追わず公益を図るとの考えを生涯貫徹したそうで、これらの評価が新札にふさわしいとなったようです。

紙幣等の改変に伴い、両替機メーカーのグローリー社はこの発表を機に株価が急上昇したそうです。消費税も上がるとすると対策が大変ですが、国内には非常に多くの自動販売機があります。新旧の硬貨紙幣に対応するのにはまたまた混乱が生じますね。グローリーさんには頑張ってもらわないといけません。

2019-04-10 08:37:20

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
uuu