TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ»  カフェBBRにミニテーブルを付けた件

カフェBBRにミニテーブルを付けた件

カフェBBRにミニテーブルを付けた件

院長の舩崎です。

セルフビルドであるカフェBBRは性格がコーヒースタンドのつもりでしたので、ベンチやチェアーの類はあったのですが、コーヒーカップや、焼き菓子を入れたソーサーなどの置き場がないと言うような状態で、ご不便をおかけしておりました。
ベンチの方は横に置けるスペースが確保できますのでまだ良いとして、チェアーは置き場がないゆえにお客様は膝の上においたカップを支えて、という姿勢でお過ごしになられておいでで、どう考えてもあまり心地がよろしくありません。

で、テーブルを...ということになったのですが、いかんせんデザイン性を重視しておりますので、ありきたりやこれまでの雰囲気を壊すようなものは置きたくありません。そこで早速自作することにしました。

テーブルの顔というか存在感を醸し出すのは天板なのですが、スペースの関係であまり大きなものはおけません。運良くカフェ関係のつながりで木工をされている方から天板の材料になる木をいただきました。紅タブという木だそうですが、木目がきれいです。しかもありえないくらい安価で譲っていただきました。

で、作製に入りますが、今回は小さい丸テーブルですがただ丸いテーブルでは面白くありませんので、天板の壁側の端をカットた形状にしました。板から丸く切り出すのは実は少々コツが必要で、ジグソーなど縁切りノコは板が厚いと刃が撓んでキレイな丸になりません。ので、これは電動のノコで切って切って四角→八角形→→多角形→→→円というように加工していき、最後にサンダーで仕上げます。結構よか風になりましたw

で、壁に取り付けますので、厚みが6ミリのフラットバーという鉄を油圧ベンダーでL字型に曲げ、これを天板に付けた後、壁にアンカーを打って、ナットで固定してみました。ところがあんな分厚いフラットバーでも天板を下げて離すと、ビヨンビヨンと振動をして、モノを置けたものではありません。急遽斜めにサポートのバーを追加することにしました。斜めの角度に合うように残りのフラットバーを油圧ベンダーで曲げ曲げし、端面をカット、研磨し、L字型の天板取付金具に溶接.

再度壁に固定してみましたら、今度はビヨンビヨンはほぼしなくなりました。細かい仕上げはまだありますが、天板にワックスを塗っておおよその形になりました。このミニテーブルは全部で3つ作って取り付けましたが、後で見てみましたら天板は全部同一平面にピシッと取り付けられており、我ながらと、自己満足の世界に浸るのでありましたw
本日はカフェはお休みで、金曜からこのテーブルでお楽しみいただけますよ。またバレンタイン企画も開催しますので、皆様のご来店をお待ちしております。ハイ。

2019-02-07 08:57:47

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
uuu