TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ»  富?の偏在?

富?の偏在?

富?の偏在?

院長の舩崎です。

東京豊洲市場で新年の初セリがあり青森の大間産本マグロに史上最高値の3億3360万円の値がついて落札されたそうです。悪いですがたかだか魚ですよ!エリートサラリーマンの生涯年収よりも高額な値がつくのもですが、それを落札するだけの資金力があるということはなんとも素晴らしい。。?

経済が潤うということは良いことだと思うのですが、それも理想的には万遍と行き渡るということで、最近は特に偏在が気になります。
これとて今に始まった話ではないですが、その日の食べるものにも苦労する人もいれば、魚に3億円も出せる人(この場合は会社でしょけど)いるわけで、社会主義がいいとは思えませんが、もう少しどうにかならないものかと。。。

いつの世にも富を豊富に抱えている人もいるわけですが、昭和生まれの私の時分には、みな中流階級意識を持っており、それなりに充実しており、ここまで富裕層のことが気になることはなかったように思います。もちろん私がまだ扶養を受ける立場で、経済的に自立しておらず、そのようなことがあまり気にならなかったからかもしれません。

富の一極集中で、富めるこのはますます富み、持たざる者はますます貧するような世の中にはなって欲しくないのですが、例えば消費税など一見公平感はありますが、同じものを買った場合でも元の分母が違いますので、ますます貧富の差を乖離する税制としか思えません。

取り留めない内容でしたが、せめて医療だけは基本部分で公平でありたいと願うばかりです。

2019-01-05 08:49:12

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
uuu