TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ»  N95というマスク

N95というマスク

N95というマスク

院長の舩崎です。

歯科は他科に比較して感染予防対策が高度であるとされています。
コロナ禍においても歯科でクラスターが発生したことはほぼないと思います。

単純に、平時でもマスク、グローブは必ず着用して診療しています。
で、そのマスクなのですが、平時は医療用の普通?のマスクをしていたのですが、コロナの発生件数が高まって来た7月くらいからはさすがにN95と言うマスクに変えました。これは0,3ミクロンのバクテリア、ウイルスを含む粒子を95%以上は捕獲できるマスク、と規定されています。

で、たいてい形状が口元に密着タイプではなく、口元を覆うカップ形状。
ですので、 呼気が完全に排出されるわけでなく、少量マスクの中に常に残る感じになります。もともとが非常に呼吸がしにくい上、ささらには多少呼気中の二酸化炭素濃度が高くなるのでは、と思わざるを得ないマスクで、これを終日装着しているのは本当に苦痛です。
一刻も早く終息して欲しいものです、ホントに。体壊しそうです。。。

2022-09-17 08:41:12

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
uuu