TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ»  思うに。。。

思うに。。。

思うに。。。

院長の舩﨑です。

当院はインプラントのオペを診療終了後に行いますので、このときアシストにつくスタッフは輪番制で残業(インプラント手当と残業代はもちろん支給)があります。
それ以外は、週休2日ですし、有休もしっかり取得しているようですので、曲がりなりに法を遵守した労働環境ではあります。

ところがクリニック自体は月曜から土曜日半日の祝日、日曜を除いた日は診療をしており、そうでもしないことには患者様を拝見するのに支障をきたし、予約は取れない・治療は進まない、となってしまいます。
ですので、法に従って診療をするためには、その分のスタッフを充当することが必要で、その分の人件費が当然かかってきます。
この診療形態をコストを削減は無理なので、どうやって必要以上のコストを掛けずに維持するか。。。?
例えば代診の歯科医を雇用しても、過去の経験から診療効率は下がりますし、インプラントオペなど機微な技術を要する治療などは輪番制で代診にもやってもらう、などもできません。つまりは私一人がひたすら働くことにより、必要以上の経費はかからないというわけです。

幸いに労基は経営者側の労働時間を制限してはおりませんで、過労死レベルを鼻で笑うくらい働いても一切のお咎めはありません。スーパーマンではないので、帰宅して、気がつけば何と翌朝であった、ということもありますが、基本居宅でも治療計画や時には患者様との連絡など、診療室を出たから完全にオフなどありえません。よく問題になる労働時間を見かけ上遵守するためにタイムカードだけ定時に押して、残りの分は家に戻ってから、というのも問題になることがありますが、これも経営者は一切のお咎め無し。
考えようによっては実にありがたい内容ではありませんか。経営者で自ら命を奪うケースというのは実は結構少なくはないようですが、さすが経営者は自己責任の世界ですから、そんな事も考えないで働いてよいのです。
おかげさまで多くの患者様にご来院頂いておりますし、毎月出る莫大な経費、返済にも負けることなく細々と長らえて診療ができていることに感謝です。
 

2022-07-29 08:52:25

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
uuu