TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ»  想定通りに行くと(水平埋伏智歯抜歯)

想定通りに行くと(水平埋伏智歯抜歯)

想定通りに行くと(水平埋伏智歯抜歯)

院長の舩崎です。

既出の内容もあるかと思われますが、当院は一般の歯科医が好まない?避ける?傾向にある水平埋伏智歯の抜歯も自院で行います。って、私が抜くのですが。

で、これも症例数が多くなってきますと、特別な処置ではなく、日常のいち処置として行うのですが、どの程度の時間で終わるかは大体の予測を立ててから、着手します。他の患者様も拝見しておりますので、抜歯などの場合は途中で一旦中止が、なかなか困難で、ひとまず抜歯に専念できる状態を作ります。

そこから徐に進めて行くのですが、スピードは要求されますが、ただでさえ処置に関し恐怖を感じている患者様もおられますので、粗暴な操作にならないよう、また事故を起こさないようここは慎重に。
最初は歯肉の切開・剥離から行いますが、患者様からよく言われる「歯ぐきを切るんですよね」と、恐ろしげにお尋ねになられますが、歯肉切開は抜歯という処置の中では痛みの割合は大したことはないかと。しかも外科的侵襲を少しでも小さく抑えるために切開剥離は最小限の範囲で行います。大学の口腔外科で学んだ、術野明示といって、対象部位がよく見えるようガバっとは致しません。
また次に「骨を削るんですよね?」と恐怖その2のお尋ねを受けますが、私は埋伏している智歯を摘出するのに、周囲の骨を極力触らないようにして、抜歯をする智歯の方を分割して、減容(大きさを小さくする)ことによって、小さな穴部から摘出するようにしています。

概ねこのような流れで行っているのですが、大前提になることがありまして、それは麻酔が完全に効くということです。
特に下顎骨内に埋伏している智歯は通常の麻酔法ではなかなか?ほぼ?効きません。伝達麻酔という方法で行いますが、これも狙い所があって、これをきちんと効かせるのは日頃の経験によるものだと思っています。

実際には歯肉の剥離操作を行い、次に歯冠の分割に入るのですが、頭でっかちの歯の頭を分離することで、格段に抜歯操作が行ないやすくなります。ここで歯間部を中途半端に分割しますと、分割できなかった残りが引っかかりとなり、意味をなしません。下歯槽神経に近いときは特に慎重な操作が求められます。また分割する際にカットする角度が重要で、逆三角形の形状になるようにカットします。当然普通の三角形の形状ですと、底辺部分が引っかかって取れませ〜ん。で、歯冠部分を摘出しましたら、歯根部を引き出して、抜歯窩から摘出。

この後の操作も重要で、ドライソケットという治りが悪くなることがことがありますので、抜歯窩の止血と、治癒に必要な血液(血餅と言います)の保持のため止血剤を入れるのですが、ただ入れたのでは細菌の繁殖場所になるので、専用の抗生剤のタブレットがありますので、これも入れることが重要。

で、最後の仕上げが縫合なのですが、前者の止血とドライソケット防止のために緊密に縫合される歯科医がおるのですが、これも悪くはないですが、これは確実に腫れますよ。圧の逃げ場がないので、内圧を貯留しないよう、私は結構ユルユルで1箇所しか縫合しません。翌日は確認洗浄をしますが、大抵は思ったより痛みはなかった、と腫れも大したことはなかったと言っていただくことが大半です(もちろん逆もありですので、念のため)

この一連の流れが円滑に頭に思い浮かべた操作どおりに進行するのが理想なのですが、昨日のケースはまさにそれで、麻酔時間は除いて、抜歯操作〜縫合までが7分かからずに終わり、我ながら気持ちが良かったでした。いわゆる理想的に進んだケースでした。ハイ。

2022-06-21 09:00:35

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
uuu