TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ»  選挙は必要だが

選挙は必要だが

選挙は必要だが

院長の舩崎です。

参院選が7月10日に行われることが決定されました。

一般的に特に参院選は関心が薄いと言われますが、当の政治家諸氏は選挙となるとやはり俄然いきり立たざるを得ないのが見てとれます。落選すればタダの一般人になってしまいますので。

しばらく選挙もない期間になりますと、政治家諸氏の発言も国民の実感をあまり顧みない発言が多いのですが、選挙が近づきますとポピュリズムよろしく国民よりの発言を繰り返し、票の獲得を目指します。当たり前といえば当たり前なんのですが、あまりにもあからさま過ぎますと、本音と建前の使い分け過ぎが目に余り、国民軽視いあやバカにされているのではないかと思うことがあります。
ただ、「思うことがある」のは、思うにある範囲の人間だけで、おおよその日本人は政治には何故か無関心の層が多い気がして、これでは革命がない限りは日本の為政者は安泰な気がしてなりません。

18歳から選挙権を与えましたが、この年代にも正直あまり期待は持てません。おおよそ親の庇護下にあり、政治的不出来の拙策など、実感として分かろうにも分からないと思うからです。また社会的も「今の時代は」と称し、社会的規範(ハラスメント防止とか)など、身の回りの関心事を重視し、木を見て森を見ず状態にコントロールされているのではないかとさえ思ってしまうのはあまりにも穿った見方でしょうか? ただそういう選挙でも実施すれば、安穏と過ごす政治家にとって唯一の緊張を強いる(ちらっとでも選挙民に目が向く)瞬間となり得ますので、たとえ関心が薄くても、投票率が低くても選挙は必要と思います。

 

2022-06-16 08:45:33

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
uuu