TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ»  レジ袋有料化は意味があったのか

レジ袋有料化は意味があったのか

レジ袋有料化は意味があったのか

院長の舩崎です。

「あったのか」というのは過去形の表現で、本当はまだ有料化したままですので、「あるのか」なのですが、小泉環境大臣の退任にともなって、再び有料化の件が取り沙汰されているとか。。

環境問題を考えるきっかけになった、と御本人は申しておりますが、個人的にはこれって炭素税を導入する時の口実のように思われてなりませんが、国民目線では有料化は非常に不評である方の割合が多いとか。。。個人的にも買い物袋としてのレジ袋は有料化ですが、肉や魚など濡れそうなものは小分け用のポリ袋に入れますが、これは無料。おっと無料が言いたいのではなく、これとて環境負荷をかける立派な要因です。

一方生分解性プラスティックを用いた袋は無料で良いことになっており、店によってはレジ袋は無料のところもあります。
そもそも私らが子供の頃はたいてい各自買い物かごを用意して、これに買ったものを入れて持ち帰りましたし、ビニルなどはほとんどなく、紙や経木などを使って包装するだけのものでした。

本当に環境問題を考えるのであれば人々の考えや行動変容もですが、素材の見直しも必要ではないのかと思います。

2021-10-07 08:45:48

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
uuu