TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ»  どうすれば良いのか、良かったのか??

どうすれば良いのか、良かったのか??

どうすれば良いのか、良かったのか??

院長の舩崎です。

先日の続きのような内容ですが、オリンピック開催の楽曲を担当したミュージシャンが過去の陰湿なイジメに対する引責で、今回の担当の辞任を表明しました。

私にはそういう大役も来ないですし、思い当たって悪露したようなイジメもしていないはずですので、その点お気楽なものですが、こういう有名やその方面で格好たる地位を確保しているような方というのは、どういう振る舞いをすればよいのでしょうかと考えた次第です。

少年犯罪も更生の余地はあるということで、成人ほどの厳罰は処しませんが、少なからず少年院などに収監され、この間に罪と向き合ってある意味贖罪をすることになります。このミュージシャンはイジメを悪露した時点では成人で、しかも二十数年前であっては、本人に猛省を促す期間も手段も蔑ろのまま現在に至っていたということで、恐らくは中学〜高校のころのイジメの実態を成人になってから自慢するように悪露したということですので、そういう人格であったと言わざるを得ません。

とすれば辞任は当然の結果という他はないのですが、この方はもう活動が難しいのではないかと思って、過去の悪行があれば、時には復活の道も閉ざされてしまうのかも正直考えてしまうことでもあります。(昔やんちゃで、そうとう悪事を働いたが、いまでは、ちゃんと真面目に働いていて、大きな業績を上げていると、持ち上げている内容の放送も見たことがありますが、これとていかがなものかと思いますし、今例と同じ気もしますが。。)

またオリンピックの楽曲に選出されなければ今まで通り活躍して良かったのか?(おそらくできていた)など、考えてしまうことが多々あります。本来IOCなりJOCが採用にあたってしっかり調査すべきであったとも思われます。

2021-07-20 08:59:18

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
uuu