TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ»  が、結果は出した。

が、結果は出した。

が、結果は出した。

院長の舩崎です。

前回のブログで、書きましたが、昨日麻酔科の先生にも来ていただき、静脈鎮静を深くして、結果は無事抜歯を完了することができました。

おそらくは麻酔科医は私からの依頼を受け、局所麻酔が効かないケースに関し、どのように対応するか結構考えて、当日に臨んだようで、私が通法に従って局所麻酔を行い、静脈鎮静を開始とともに抜歯に入りますが、やはり麻酔が効いていません(この効かなさは私も今まで経験したことがありませんでした)。

そこで麻酔科医は薬剤を追加したりして、麻酔深度を深め、ここでやっと疼痛は消失。ここまでくればこちらのもの、といった感じで抜歯をさっさと終わらせ、無事に処置完了!

私にとっては麻酔が効いて、痛みを患者様が感じない状態に持っていってもらうこと、麻酔科医にとっては深度の高い麻酔濃度で、全身管理の必要上、一刻も早く処置を済ませてもらうこと、がお互いに求められていることで、これがうまく協調することで、安全に処置が遂行できるという状況でした。

今回は見事にその連携がうまく行き、どうにか短時間で処置を終わらせることができました。
患者様は、もちろん局所麻酔が効かないという心配から開放され、そもそも抜歯した事自体を覚えていない状態で無事に終わらせることができました。

処置終了後、麻酔科医と私は熱い握手を交わしました。ハイ。

2021-06-10 08:54:15

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
uuu