TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ»  コロナワクチン用注射器

コロナワクチン用注射器

コロナワクチン用注射器

院長の舩崎です。

最近耳にされた方もお出でかと思いますが、ファイザー社のコロナワクチンのバイアル(容器)からでは通常の注射器では5回分くらいしか取れず、特殊な注射器を用いることにより6回分確保することができる、というニュース。

ひとつのバイアルに対し1回分ずつ少なくなるのですから、これが数十万バイアルですと、単純に数十万人分は不足してしまうわけで、これは無駄に捨ててしまうことんになるのです。そこで、急遽増産したり韓国に発注したりと、この辺も少々混乱が生じているところのようです。

ところで、当院でそのと特殊?な注射器を知っているスタッフが居るか聞いてみたところ、残念というか案の定というか誰も知りませんでした。私はニュースでその話が出たときに真っ先に調べましたけど。。
注射器をご存知の方はほとんどだと思いますが、注射器本体に針をつける基部という部分があります。要はここの分の薬液(今回はワクチン)はプランジャー(ピストン)で押し出せないので、必ず余ってしまうのです。接種に必要なワクチン量は0.3mlだそうですが、この僅かなスペースに残った分が合計すると1回分の不足になるというわけです。そして特殊な注射器うというのはこのプランジャーに出っ張りがあって基部の空間に余る薬液をも押し出すようになっているのです。つまりは平坦な形状でなく、細長い凸状になっているのです。(この文面でわからない方や興味を持った方はぜひご自身でお調べ下さい)

で、その特殊な注射器をあたふた作っているようですが、もともとツベルクリン用の注射器で注射針一体型という製品があるのです。おそらくは針の長さの点で問題があるのかもしれませんが、特殊形状のプランジャーを作るよりはツベルクリン用のシリンジの針の長さの方を改造する方が遥かに早いと思うのですが。

2021-02-22 09:01:39

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
uuu