TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ»  コロナワクチンは受けた方が良いのか?

コロナワクチンは受けた方が良いのか?

コロナワクチンは受けた方が良いのか?

院長の舩崎です。

日本でもやっと本日から医療従事者を対象としてコロナワクチンが実施予定であります。

そこで話題になるのがワクチンを受けるかどうか?
あくまでも任意であり、強制ではないのですが、国民が抗体を獲得するという意味では受けないと意味がありません。
一気に抗体を獲得していきませんと、ウイルスは変異を起こして、やがては抗体に抵抗を持つものも出現してくる可能性もあると言われています。

コロナワクチン接種を希望しない人もいますが、やはり製造開発経緯や、未知の副反応に対する拒否感、つまりは感情論で受け入れがたく思っている人がおりますし、コロナは罹患しない限りはまだ自分の足元に近づいている感はありませんし、もしかしたら終息するまでかからない可能性もあります。ところがワクチンに関しては希望すれば必ず相まみえるものですので、我が身に降りかかる度合いが異なります。

実際世界で最も実施数が多いイスラエルなどでは感染者数の減少が確実に現れており、ワクチンの効果が実証されています。
しかも我々がこれまであまり抵抗なく受けてきたインフルエンザワクチンの有効率が50〜60%程度であるのに比べ、コロナワクチンは90%以上の効果があり、有効性も非常に高いことが明らかです。

ワクチンに限らず薬剤、食品なども必ず特定の方に合わないものがあり、中には重篤な症状を呈することがあります、特に日本では子宮頸がんワクチンの例がありますので、感情的にワクチンの摂取に抵抗がある方も多いかと思います。
罹ってしまうと人によってはかなりの後遺症で回復後も苦しんでいる方がお出でのことも考えると、私は受けることにしております。

今回のコロナワクチンは医療従事者が優先ということではありますが、いまだにスケジュールははっきりしていませんし、コロナ医療で最先端の医療従事者が実施し、その後でということになろうかと思いますので、接種はもう少し先のような気がしますが、皆様よりは先だと思いますので、摂取した状況などを報告する機会があればまたブログにアップしようと思います。

2021-02-17 09:02:59

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
uuu