TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ»  レジ袋有料化はエコ?

レジ袋有料化はエコ?

レジ袋有料化はエコ?

院長の舩崎です。

もちろん私は環境を大切にすることには大いに賛成です。
ところが、レジ袋の有料化はよくワケが分かりません。

有料化することによりエコに対する意識を喚起するのでしょうが、私はエコバッグを持ち合わせていない状況のほうが多く、レジ袋を頼みます。レジ袋は購入する形になりますので、大抵は袋の大きさによって数円を払うことになっております。
みなさんはこの支払ったレジ袋代はどうなるかご存知ですか?また中には袋代を徴収しない店舗もありますね。

実はレジ袋代は環境整備のためにどこかの機関が徴収するのではなく、店の売上になります、無料としているのは生分解性プラスチックを混入してあるレジ袋だけで、医療機関などの薬袋を入れるためのごく一部の袋を除いては有料化しないといけません。

一日あたりに消費されるレジ袋は大変な量になるかと思いますが、有料化したことにより消費が減ったかどうかはまだ数字が発表されていないので分かりません。ただ私のようにあくまでもレジ袋を使う者もいますので、大きく減っているようには思いません。
ところでフナサキ!環境云々言っておきながら、レジ袋を使うとは何事だ!と思われる方もおいでかとお思いますが、私はレジ袋はゴミ出しのときの袋に使っております。多くの方はおそらくそうしているのではないかと思われますが、最近のポリ袋は有害なダイオキシンは出さないようなっていますし、むしろゴミを焼却するときの助燃剤として使っているところがあるくらいですので、ゴミ袋として活用する分には全く問題はないかと。
実際にはそれよりはるかに多くのプラスチック製品が使われていますかね。

レジ袋有料化は実は課税対策の足慣らしだと言われています。
環境といえば聞こえが良いので反対する人が出にくい、主に大企業からの二酸化炭素排出量に対して課税される予定であるので、我々には一見関係がなさそうですが、企業側は税を支払う以上は製品にその分を上乗せして行かざるを得ません。
環境には一定の効果もありますので、あながち悪いとは言えませんが、税のためにはあの手この手を使って徴収するのだという国の思惑が見え隠れしているよう思えてきます。。
 

2020-11-14 08:52:31

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
uuu