TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ»  「料理はするの?」と聞かれる

「料理はするの?」と聞かれる

「料理はするの?」と聞かれる

院長の舩崎です。

アサヒ・コムにある女性のタレントさんが、結婚を機に他人から「料理はするのか?」と聞かれることについて意見を述べています。もともとコレが記事になったのは「ジェンダーギャップの克服へ私たちができること」というフォーラムに登場した時のことです。

で、結婚したご主人の方は聞かれたことはないらしく、女性だけにこんな質問が飛んでくるのは「結婚したら女性が家事をするのが当然という古い考えに縛られているから」とイラッとして「しません」と答えているそう。
私は料理をしようとしまいとそれは夫婦の問題であって、まぁ余計な質問だとは思いますが、質問されると「古い考えに縛られているから」といちいち思うのでしょうか? 

逆にそれが新し考えってどうなんだ?と、思います。女性の社会進出はどんどん進んでいくでしょうし、家庭や家事のやり方も共働きであれば工夫をしなければならないでしょう。

そもそも出産することはどうあがいても男性にはできません。個人的にはその延長上で必然的には役割分担がなされてきたように思います。それを書くとまた結婚したら子供を産まなければならないのか?という話にまでなって来ます。

また最近ではダイバシティー(多様性)を尊重するということで、LGBTの方々に対する尊重も必要です。足立区の区議さんのように子供を産まないカップルを認めると足立区から子供がいなくなる、というのはまずないでしょうが、気持ちはわからないでもありません(古い考えの方でしょうから) 

はっきり言ってこんなのを話題としてより上げて、ジェンダーギャプ云々と話題にする方が面倒臭い。したい方がやれば良い話で、双方了解しているのであるば、したくなければ料理せずとも店屋物の惣菜でよいでしょう。
いまはそのようにダイバシティーで多様性があるということを認識し始めた時期なので、ほっとけばそのうち収まります。

2020-10-12 09:02:04

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
uuu