TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ»  レジ袋有料化

レジ袋有料化

レジ袋有料化

院長の舩崎です。

7月1日からレジ袋が有料化されるのを皆様はご存知でしょうか?
これは政府が決めたことで、環境に配慮してのことだそうです。

比較的前のブログにも書いたことがあるのですが、太平洋のど真ん中の、まずは人が行かないような場所の海水を採取して調べてもプラスチックごみの微小な破片が見られ、もはやプラスチックごみのポタージュスープのような様相を呈しているのだそうです。

海洋生物が餌と間違って捕食した挙げ句、胃の中で固まって排出されずに死に至るなどということを見聞きしたことがある方も多いかと思いますし、海塩には顕微鏡で観察するとすでにマイクロプラスチックゴミが混入しているのだそう。

そこでマイバッグなどを使うことにより、環境負荷を抑えることにしたそうなのですが、なるべくそう心得たいと思うのですが、ちょいと小腹が減ってコンビニなどに足を向ける時には恐らくは持って出そうにはないです。しかもレジ袋は有料とは言え、1枚数円。これが財布の負担になるような額でもありませんし、清潔不潔で言えば時勢柄、レジの袋の方がありがたい気がします。

ワタシ的には有料化、無料科を問わず生分解性のプラスティックか、あるいはその代替代替製品を早期に導入しないと真の環境問題の解決にはなりません。
私の幼少時には、例えばですが魚屋に言って魚を買いますと、経木という木を紙のように薄くスライスして作ったモノに魚を入れて、畳んで上から紙で包んで輪ゴムで留めてお客に渡していました。汁が漏れるなど欠点はありますが、素材的には全部天然で、エコな時代でした。

2020-06-26 09:02:57

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
uuu