TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ»  日本は...?

日本は...?

日本は...?

院長の舩崎です。

このところほぼほぼ毎日埋伏智歯を抜き続けております。
春休みが長くなった影響で、治療希望の学生さんが多いのも理由の一つです。

親知らずは市立病院や鹿児島大学など大きな病院の口腔外科でないと抜歯ができないと持っている方も多いと思います。実際に行きつけの歯科医院でもそのような2次医療機関を紹介されることが多いようです。

で、ワタシは自分のところで抜くのですが、これだけやっていれば手技、技術も身になりますって。
やっているからこそ「勘」的なモノも働くようになり、今のところは紹介したことはありません。

最近日本はよく「おもてなし」という言葉を使います。細かい気遣いは日本人ならではのものだと思うのですが、これって日本はインバウンドに期待を込めた観光立国を目指しているんでしょうか? かつて日本は技術大国として世界に名を馳せていたのです。

小はトランジスタ、大は造船に至るまで、国土の小さい島国でありながら世界にその名を馳せ、品質ともに世界から認められておりました。ところが今やトランジスタならぬ大集積回路などは台湾、中国、造船は韓国に主導権を渡してしまっております。

主な原因は人件費が安いということで工場建築まで含め、現地調達していわゆるアウトソーシングの結果であるのですが、そうして日本ではものづくりが段々下火になり、今回のように中国がコロナの影響で工場が操業できないと日本に部品が入って来ず、国内の製造工場なども操業中止、遅滞の有り様! 一例ではトイレのパーツがなく、トイレが完成できないので、家を建築中の人は、竣工げ認められず、予定していた完成日に許可が出ずに入居ができないという状態らしいです。

働き手の身になって考えてきた働き方改革なのでしょうが、結局人件費が高騰してしまい、国外に発注、生産し、国内の働く現場は失われていっており、巡り巡っては自分たちの首を絞めているということも起こっているのです。
(※輸出摩擦を起こさないよ現地の雇用のために現地生産する場合はちょっと事情が違います)

今回の件で、日本国内で再び生産の場を設けるなど一考する余地はないのでしょうか?

2020-03-25 08:54:50

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
uuu