TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ»  休診にしてしまった日の雑感

休診にしてしまった日の雑感

休診にしてしまった日の雑感

院長の舩崎です。

本日は本来なら診療日でありますが、休診にしました。
労働時間の調整と有休消化のワタシ的には医療にあるまじき実に残念な休みです(←法的には間違っているのは私の方でしょうね)

原材料、人件費はどんどん上がりますが、4月の保険の保険改定はコンマ数%のアップ。マイナスでないだけ感謝しろ的な数字。もちろん労働基準法の定める時間内でスタッフを確保していけば医院としての診療時間は増やせますが、歯科衛生士もいない、保険では人件費分も賄えない、など問題山積。成功事例もあるんでしょうが、営業(我々は診療ですが)に際して、料金なども公的に規定されており、しかも点数が上がれば今の保険上では指導と言って、審査を受ける対象に選抜されます。ちゃんとやっていれば問題はないですが、お役所の審査は御免被りたいので、大抵は萎縮診療せざるを得ません。
なのでこの前ブログにも上げた医療上如何なものかという自費診療のゴリ押しも出てきてしまう素地があると思ってしまいます。

最近はコロナウイルス留守感染の問題も出てきていますので、今後どうなるのでしょう。。
アメリカは予算もフタッフ数も日本を遥かに凌ぐCDCという疾病予防管理センターがあるにもかかわらず、感染者数は爆発的に増え、日本での対応を非難していたどころではない騒ぎになっており、既にカリフォルニアやニューヨークなどでも外出禁止令が出ています。結果CDCも機能していない上、国がデカイだけに医療制度の不備が残念です。

これも前に書きましたが堀江貴文(←敬称略!)が22日にホリエモン祭りなるものを強行するのだとか。
自粛ムードを打破すると御本人は言いたい(直接話をしているわけでもないので伝聞です、あくまでも)のか、この期に及んで強行するんでしょうが、まさに凶行! 
景気の停滞も経済に甚大な影響を及ぼしますが、現在罹患して苦しんでいる人がいる中、かつ働き先をどうしようかと路頭に迷う不安を抱えている人が大勢いる中、誰が祭りなどされて元気をもらう、あるいは希望を見出すのか? こういう思考が偏向している輩は言われるほどに対抗したくなる人種でしょうから絶対聞く耳を持たないでしょう。感染もさることながら、他の人の気持ちも慮るのが今回の自粛の意味だと思います。心を一つにして、まさに見えない敵に立ち向かわずして、何が解決するのでしょう?

休みの日でも心穏やかのときがひとつもありません。一心不乱に診療している方がよほど心の充足が得られます。
(かく言う私も相当なひねくれ者であるのを自覚の上)

2020-03-21 16:21:43

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント
uuu