TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ

ブログ

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

もちろん、ではあるが

院長の舩﨑です。

法的な決まりごとは、必要に任せて雪崩式に決まってしまうこともあり、決まった以上は遵守しなければならないのですが、戦争に関しては、そういうことはないと思います。

世の中は平和で、紛争がないことが理想であります。実際は言うまでもなく、内紛を含め世界の所々で常に起こっており、逆に分そのひとつもなかったということはないのではないかと思います。

また昨日のように北のミサイルが日本上空を通過しており、攻撃を仕掛ける仕掛けないは別として、主権国家の上空を侵犯以上の脅威を与えているのですから、日本が平和的外交で物事すべてが解決できるはずがありません。

憲法改正反対や自衛隊反対など訴える方々がおいでですが、いかがなものでしょう? 少なくとも安寧としていられるためには必要な物事はあるという気がします。

2022-10-05 08:42:39

コメント(0)

折りたたむ

納得していない働き方改革

院長の舩﨑です。

超零細ですが、ひとつのクリニックを経営しておりますので、一応私は経営者です。
当然スタッフも抱えていますが、医療の現場に働き方改革が持ち込まれたのが未だに残念でなりません。

医療とは(私はたかが歯科ですが)有形無形で金銭がかかわらない部分というのはあり、医療人としては無心にそれをやらなければならないことがあるのですが、改革以来何かと金銭に関わってきます。

金銭を受けるということは少なくともその道のプロでなければならない筈ですが、まずは有給消化なんですかね。
十数年前からすると格段に良くなった?であろう待遇で、一部でもそれを医療に関わる自己投資に向けるかと言えば、まったくその様子は見られない気がします。おまけに部下の育成は上司の努めなど言われる昨今です。アホかふざけるな、と言いたいですが、クリニックのレベルは落とせませんので、育成のようなことはするのです。

私どもの頃の上からは叱られ、残業があろうとも残業代などという概念すらなく、時には休日も出勤したりはしましたが、自分の診療をしたいがために、そりゃぁ一生懸命勉強しましたよ。おかげで今の私があると思うのですが、今どきはもうこんな修行の仕方を求めるのは時代錯誤なのでしょうね。そしてはやがて我々のような者の方が考えがオカシイ世の中になって行くのでしょう。
これで日本が国際社会でやっていけるのか憂えてなりません。

2022-10-04 08:49:59

コメント(0)

折りたたむ

若いということは、それだけでも価値があった

院長の舩﨑です。

実は今月の1日は私めの誕生日でございました。
ありがたいことにスタッフからも祝っていただきました。

が、かつてのように手放しで喜べる年齢ではなくなって来ており、正直、やれやれと言う感じもします。
齢を重ねていくと必然的に可能性は次第に枠が狭まり、あとは着地点を探すのでしょうが、まだまだ着地などとは言ってられません。
若いというのが何歳までを若いというのか分かりませんが、今思えば、若いというだけで価値があったように思います。
古よりそう言われているのですが、我が身に降り掛かってやっと分かるものです。

ただワタシ的には歯科診療に関しましては、お天道さまに恥じないようして来たつもりですので、今以上クタばるまでまだまだ頑張りますよ!ハイ。

2022-10-03 08:51:25

コメント(0)

折りたたむ

コーヒーの日

院長の舩﨑です。

今日から10月。そして世界コーヒーの日。

私がDIYで造り上げたカフェBBRも本日は記念の企画を行うつもりです。

エスプレッソマシンが調整中で、エスプレッソが提供できないお詫びも兼ねてですが、コーヒー好きのかたは是非にお越しください。

今日は歯科とまったく関係ない話でした(しかも短い)

2022-10-01 08:43:08

コメント(0)

折りたたむ

安倍元首相の国葬

院長の舩﨑です。

昨日は言わずもがな安倍元首相の国葬がしめやかに、と書きたいところですが、喧騒の中で行われたようです。

はるばる遠方より長時間並んで献花に訪れる方もいる一方で、国葬反対など黙祷の時間にまで騒乱を起こすような輩がいるような、非常に混沌とした中で執り行われました。

国葬の是非はともかく、どこから戦争という言葉が出てくるのか、ワケのわからない破綻した思考で、これまた熱狂的に反対している人達を見るにつけ、日本自体がオカシイ気がするのは私だけでしょうか?

天皇の崩御とは次元が違いますが、少なくとも国民のために尽力された人物が亡くなったのは事実であるので、賛成はせずとも静かに送り出す気は遣えないものかと思いました。

2022-09-28 08:42:59

コメント(0)

折りたたむ

ちょっと空きましたが。。。

院長の舩﨑です。

ブログは気分で書いているのではないですが、気分が乗らないときもありますので、ご勘弁。

さて、先週土曜日に施設基準の講習で、老人の特性という内容もありました。
高齢になりますと、いろいろありますが、その中で怒りっぽくなる、というのがあります。また融通も効かせにくくなります。

で、私は野球は興味がなく、ルールさえ知らないというヒトなのですが、それでも村田選手と野茂選手は知っています。なぜなら投球フォームが独特だから。
その村田選手が空港の保安検査場でトラブルを起こし、逮捕されたという報道がありました。どうも携帯を取り出してなく、何回も金属探知機が反応したことに立腹してしまい、女性の警備員の肩を押したとか押さないとか。。。
これも高齢者の特性かもしれません。もっとも航空保安検査場は煩わしと言えば煩わしいですが。。。


 

2022-09-27 08:36:10

コメント(0)

折りたたむ

向き合い方

院長の舩崎です。

よく分かりませんが、医科も含めてわれわれ医療従事者は患者様に向き合っているのでしょうか?
向き合っていると思う医療従事者がほとんでしょうが、向き合うことは患者様の心と向き合うことで、単に顔が正面を向いていることではありません。

最近の風潮なのか、責任を負いたくないのか向き合い方が浅い気がしてなりません。
当然患者様の気持ちは晴れませんし、不安も募るかともいます。

医科と歯科で共通して通院している場合などによく感じられるのですが、医療従事者にとって、一人の患者様はその他大勢かもしれませんが、患者様にとって頼れる医療従事者は1人しかいないという自覚のもと、しっかり向き合って、心の声を聞き取って欲しいと思うのです。私もそうあるべく努力を惜しみません。

2022-09-21 08:45:18

コメント(0)

折りたたむ

マツダとトヨタ

院長の舩崎です。

タイトルは患者様のお名前ではありません。
そう、自動車会社のマツダとトヨタです。

どちらも自動車会社ですが、規模が全然違います。まさにアリと象。
そしてクルマの作り方からして、全く違い、トヨタは入念なマーケティングに従い、購入層を決定し、この層に好まれるようなクルマのデザインを決めて、設計、製造に入り、その過程は粛々?と進んでいくのだそうです。←見たわけではありませんので、本当かどうかは分かりませんw
一方マツダはこういう自動車を作りたいとなったら、設計、技術、営業がワイワイガヤガヤして、時にはデザインがこうしたい、といえばエンジニアがムリ出しした中を喧々囂々としながら、詰めていき、またあるときはエンジニアがこうしたい、と要求が出ても、これは販売価格に乗ってきますので、また営業と侃々諤々やって、折衷していくのだそうです。
結果独創的で、他社にはないクルマができるというわけで、事実ある車種などはよく売れているそうです。

当院も技工士と結構喧々諤々しつつ、補綴物を作るのですが、時には心を鬼にしてダメ出しをすることもあります。私は再製作と言えば済むのですが、当然患者様にもお詫びをし、なんで?と詰め寄る技工士とせめぎ合い、なだめ合いつつ患者様に少しでも良いものを提供するために、毎日胃が痛い思いをしております。ハイ。

2022-09-20 08:55:32

コメント(0)

折りたたむ

N95というマスク

院長の舩崎です。

歯科は他科に比較して感染予防対策が高度であるとされています。
コロナ禍においても歯科でクラスターが発生したことはほぼないと思います。

単純に、平時でもマスク、グローブは必ず着用して診療しています。
で、そのマスクなのですが、平時は医療用の普通?のマスクをしていたのですが、コロナの発生件数が高まって来た7月くらいからはさすがにN95と言うマスクに変えました。これは0,3ミクロンのバクテリア、ウイルスを含む粒子を95%以上は捕獲できるマスク、と規定されています。

で、たいてい形状が口元に密着タイプではなく、口元を覆うカップ形状。
ですので、 呼気が完全に排出されるわけでなく、少量マスクの中に常に残る感じになります。もともとが非常に呼吸がしにくい上、ささらには多少呼気中の二酸化炭素濃度が高くなるのでは、と思わざるを得ないマスクで、これを終日装着しているのは本当に苦痛です。
一刻も早く終息して欲しいものです、ホントに。体壊しそうです。。。

2022-09-17 08:41:12

コメント(0)

折りたたむ

昨日お待たせした患者様にお詫び

院長の舩崎です。

当院は予約制でありますが、往々にしてお待たせしてしまうことが多く、誠に申し訳なく思っております。

更に昨日は午後4時前に、歯ぐきからの出血が止まらないという救急の患者様を受け入れざるを得ず、処置にも時間がかかり、ご予約通りにおいでになられた患者様を長い時間お待たせすることになってしまいました。

急患を受け入れることは必ず予約通りにいかなくなるのは自明のことですが、緊急性が高い以上、お断りはできず、いつもジレンマを抱えながらの治療を行っており、誠に心苦しいのですが、何卒お許し頂きますよう、重ねてお詫び申し上げます。

2022-09-16 08:56:33

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
uuu