TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ

ブログ

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

働き改革が及ぼす精神腐敗

院長の舩崎です。

現在相変わらずコロナウイルスが猛威を奮っており、経済への新奥なダメージが懸念されております。
これに加えタイミング(悪く?)上げた消費税率も加わりダメージもさらに一層増しておりますが、一部矯正科などの診療の診療科を除いてはほぼほぼ働き方改革がさらなる追い打ちをかけております。

時代の流れとあればある意味仕方がないかも知れませんが、停滞した日本経済を立て直すのにはやはり働かなくてはならないのですが、医療からはあまりにも現実離れした働き方改悪で真の医療から遠ざかってしまう気がします。

就業開始時間前には来るのですが、時間になるまではスタッフルームで話をして時間を潰し、時間になったら出てきて準備をしたりと、なぜ余裕のある取り組みができないのか?我々は始業分前には準備を終えておく、という教育を受けてきましたが、いまの若いスタッフは時間通りであるので良いでしょうよろしく、時間にならないと動きません。就業規則にも開始時間は書いてあるので、問題はないと言えば問題はないのですが、早く来て少しでも早く準備にかかろうという気持ちはこの働き方改悪によって失われていくようで、世間ではこれをサービス残業の強要?というのだそうです。
ものごとを損得でしか考えられないような精神構造を醸成して行く一端になっていることは違いない気がしてなりません。
医療人として経営も担う世代にとってはホント嫌な時代になりました。昭和生まれだからでしょうか?

2020-02-28 08:56:26

コメント(0)

コロナハザード

院長の舩崎です。

多分に憶測をふくんでおりますので、このような時分に如何なものかとは思いましたが、注意喚起のためにもアップいたします。ちなみに私は歯科医でありますが、学生のときは細菌学のゼミを取っておりましたので、ほんの僅かは詳しいかと。

現在コロナウイルス感染者数は日本で891人、不幸にしてお亡くなりになられた方が7人です。
亡くなられた方の数はおそらく間違いはないと思いますが、皆様は感染者数が891人と思っておいでですか?
検査を行って陽性反応が出た方が感染と言うことになるのですが、検査が十分に行われていません。ですので、検査が進めばコロナの感染力が強力であることと相まって、相当存在するというふうに考える方が自然です。

これは推測ですが、ある意味意図的に検査を進めていないのではないかと思われるフシがあります。検体が多く、検査現場が混乱するなどもっともらしいことを言っておりますが、実際は検体が殆ど来ていないという検査施設もあるようです。

だいたいにして保健所で申告・相談して感染の疑いが濃厚な場合は検査するなど、アホな限りを尽くした悠長なことを抜かしています。
オリンピックや来日して欲しくもないですが習近平主席の訪日予定などあり、これを考慮しているのかと邪推しますが、必ずしも邪推の域には終わらないと思います。
「もり・かけ」や「桜」で、この国の政府は都合が悪いことは隠したり改ざんしたり、なかったコトにすることにしか関心がないようですので、まず国民が政府を全く信用していないのが不安を煽っている原因です。

マスクは増産をお願いしているなど、他人事のようなコメントですが、現にマスクは何処も品切れで、争奪やマスクなしの乗客に対する乗客同士の揉め事もあり、一刻も早く対応しないといけない事態に大凡真剣さが微塵も感じられません。

本来なら一国の首相である安倍さんがバシッと語るべきことです。情けなさすぎです。

2020-02-27 01:36:51

コメント(0)

世界恐慌?

院長の舩崎です。

アメリカは経済成長を続けており、株の水準もかつての日本のバブル期のようだと言われています。
ですので、リーマンショックなどのように何かをきっかけに株価の暴落が生じる可能性があります。
それが今回は新型コロナウイルス。

中国武漢に端を発したこの感染症はいまや全世界に飛び火し、これと言った特効薬もないまま現在に至っており、人々の恐怖を煽っているのは言うまでもありません。これにより人々の移動などが制限され、工場など企業もその活動を停止、休業しており所があり、今後まだ拡大する恐れがあります。
また各種イベント等も中止する自粛ムードが醸し出されてきており、多くの経済活動に影響を与えてくるようになるいました。

いままではインフルエンザの国内流行ということで、静観してきたアメリカが、実は新型コロナウイルスの可能性があるということで、俄に騒動するようになり、これを受けて株価は急落してきております。

またいまや経済大国?となった中国でも経済は停滞しており、それに呼応するよう全世界的に同時株安となってきたようです。

バブルとは実体経済とかけ離れて株価が上昇する減少でもありますので、一度何かをきっかけに下がり始めますと、一気に下落に転じてしまい、これが各区国へ波及していくと、下落が下落を呼んで経済活動が全世界的に停滞する恐慌になりはしないかという懸念が払拭できません。

日本は消費税率を上げたことによる経済の落ち込みがデータ的にははっきり示されており、さらにはコロナウイルスの影響もいまから加味されてきます。ほんとにどうなるのか先が見えません。

2020-02-26 08:42:34

コメント(0)

人倫にも劣る

院長の舩崎です。

いまだに収束の見えないコロナウイルスですが、アビガンが治療薬として効果があるらしいくらいは情報が上がってきていますが、これもまだ決定打ではなく、われわれはこうなったら自衛策を取るしかありません。

中国武漢が発症の地であると言われていますが、中国は共産主義の国ですから、比較的早いうちに外出禁止令などをだし、ある意味これは封鎖に効果があったと思われます。
ところが我が国でこれが通用ですでしょうか?

すでに各所で感染の報告がありますが、これは症状が出て検査を受けて陽性だった人の数で、まだ補足できていない不顕性の患者というのは相当数に登るのではないかと言われています。

先程自衛策で、と言いましたが、すぐに思い浮かべるのはマスクやアルコール消毒剤。
個人間のフリマやオークションで高額で転売されるのはまだしも、販売元が高額を設定するとな何事でしょう!通常販売価格の3〜4倍が設定されています。
困った人につけ込んで、高額をふっかける! 忙繁期の旅費が上がるのとは訳が違います。まさに人倫にも劣るとはこのことです!

2020-02-25 09:13:33

コメント(0)

今日は2.2.22

院長の舩崎、号外?です。

R.2年2月22日。にゃんにゃんにゃんでネコの日です。
愛ネコ家のワタシには現在7頭いますが、その中のモモちゃんなんざワタシが逢いに行きますと、にゃんですぐに来ないのかと言わんばかりににゃあ〜にゃあ〜鼻にシワを寄せて抗議。挙句の果ては抱っこせえと鋭いお爪をワタシの背中におっ立てて這い登って、顔をワタシの顔に目一杯擦り付けてきます。どんなにイヤなことがあっても、このときだけはすべてを忘れ、モモちゃんのスリスリに陶酔します。

で、本当に言いたいのはマスクについて。
誹りを免れませんが、日本人はほんとマスクが好きで、現在の状況では福岡などではマスクを着けず咳をしていたということで地下鉄に乗っていた男性同士が口論の挙げ句、緊急停止スイッチを押して地下鉄を止めたという事件?がありました。

数年前のSARSが流行したときは、今回同様マスクが市場からなくなり、大阪のおっちゃんがスーパーで商品を販売するときに使う発泡トレーの端っこに穴を開けて、輪ゴムを通して耳にかけてマスク代わりにしているというニュースを見た記憶があります。

私どもは医療従事者ですので当然マスクは着けますが、これは治療時の患者様の口腔内からの飛沫を阻止るるためのもの。
仮にウイルスでもいれば簡単に通過してしまいます。
みなさんがいまマスクを必死で求められている方も多いと思われますが、あくまでも軽微な予防と考えていただいた方が良いでしょう。絶対に感染したくない方は宇宙服のような頭から足までをすっぽり覆い、呼吸は別に空気ボンベまたはホース等による外部供給で行うタイプのものを使わなきゃですね。

ただ地下鉄の例であるように心情的にマスクをしていない人がエチケット違反に思えてくるところが現実問題としてあるでしょう。ですんで大阪のおっちゃんのように発泡トレーマスクも登場してくるわけです。

差し出がましくアドバイスをさせていただくとすれば、マスクを過信しないこと。今回は接触による感染も示唆されていますので手をよく洗う。できれば擦り込み式のアルコール消毒薬は効果があります。ただ指の先までしっかり着けて掌、甲はもちろん指の間まで確実に擦り込まなければ意味がありません。
マスクの話でしたので、話を元に戻しますが、供給不足の折に不安にさせてしまうようで恐縮ですが、外出時に使ったのであればせめて当日限りで廃棄した方が良いです。後生大事に使っていますとマスクの表面で、菌なりウイルスなりを培養していることになりかねません。また一番肝心なのはマスクを顔の表面にピッタリフィットさせること。大抵のマスクは鼻に当たる部分にワイヤーが入っていますので、これを鼻に合わせて曲げて、調整すること。中にはご存じないのか、ワイヤー部分を下にして着けている方もお見受けしたことがありますので、上下があるものはそこに注意して装着を。
また外して再装着する際は必ず同じ面で。これに関してはリバーシブルはありえません。

プリンスダイアモンドの乗客で、下船時陰性だった方で早くも陽性反応が出たケースが発表されました。
いまはまだ身近に感染している人がいない方でも、これで行くと必ず全県的に広がります。現在は罹患時の致死率はインフルエンザより遥かに低いようですので、ひとまずは冷静に。一番嘆かわしいのは感染者や感染者の関係者に対する差別のような風潮があること。次に感染するのはあなたかもしれません。

2020-02-22 23:50:20

コメント(0)

コロナショック

院長の舩崎です。

いま日本全国に広がりを見せつつある新型コロナウイルス。感染時の致死率で言えばインフルエンザの方が高く、その点は現時点で少なからず不安材料を減じるものであるかと思いますが、なんせまだ肝心の治療薬がない、ということが怖いところです。

新型であるがゆえにどういう病態を示すかまだ十分わかっていない部分が多く、死に至る場合もあれば、検査では陽性であってもあまり症状がないまま治癒した場合もあれば、治癒した人が再度感染したケースもあるようで、非常に手強いことは確かなようです。

近直のブログで日本の対応が悪いと全世界から非難を受けている旨、アップしたことがありますが、感染者で自国に戻った感染者の扱いについては各国で十分な対応ができているとはいえず、おそらくもう日本が、などとはいっていれなくなるでしょう。

で、一番懸念すべきはアメリカです。アメリカはインフルエンザで2600万人が感染し、14000人が亡くなったというニュースもあるのですが、最近になってこの中に実はインフルエンザではない、つまりコロナウイルスによる死亡者がいたのではという可能性が出てたようです。
アメリカは皆保険ではなく、しかも医療費が非常に高額ですので、風邪くらいでは医療機関にかからない人も多く、実のところは手遅れで来院されたり、病院に収容されないうちに死亡したりするケースもるのでしょう。

日本でも政府から不要なイベントの再考要請がされました。必要なイベントの方が少ないので、ほぼすべてのイベントは中止となり、経済も沈降。。。あまりり考えたくないです。
唐突ですが、マスクや消毒用アルコールが考えられないような価格で売りに出されているケースが見られます。まさに人の弱みに付け込むケースで、これは許せません。一刻も早い収束を願うばかりです。

2020-02-22 08:34:04

コメント(0)

政府がバカだと如何んしようもないですね

院長の舩崎です。

中には来院するにあたってこのブログを読んできてくださる方がおいでなのですが、最近はちょっと攻撃型?ブログが多く、引いてしまう方がおいでかも知れませんが、そもそも私はきちんとした医療環境が外れていく政府施策に憤りを感じているのであって、患者様のためであるという信念にいささかのゆるぎもありませぬ、、、

さて、政府は月例経済報告で国内総生産(GDP)が大幅なマイナスにもなっているにもかかわらず、景気は緩やかに回復しているのだそうです。日本がですよw 消費税増税で経済が低迷いや景気下降している中、何の沙汰かコロナウイルスまで蔓延して、これで経済に明るい兆しがあったもクソもないというのは多くの人が実感しているところであります。

能天気にも程がある、あるいは欺くにも、と言い換えても良いですが、物事を正しく判断できない人は正しい対応ができないことは言うまでもありません。大量出血して止血処置をしなければ生命に関わる状態を、様子を見ていれば大丈夫、と言っているのと同じで、これがウチらの業界なら訴訟モノです。もちろん敗訴。

仮に、結果がこうなるとわかっていて、口が裂けても消費税影響であると言えない立場の人たちが政治をしているのであれば、それはもう日本が終わりということでしょう。近代社会の政府は基本国民のためにあるのであろうと推察されるからであります。

当院は受付の入院によって退院するまでは元受付に業務をしてもらっていますが、子育て中なので時間になれば帰ります。
で、仕方がありませんのでやむを得ず午後5時を最終受付にして(クソ)働き方改悪のマネごとをしているのですが、急患対応がなかなか難しく、拝見できる患者様の数も少し減りますので、来週は予約の空きがなくなりました。
何故か心は漫ろで、空虚な気が取れずして、胃まで痛いです。。。

2020-02-21 18:11:00

コメント(0)

働き方改革はバカの改革だと一体いつ気がつくのか?

院長の舩崎です。

中国武漢に端を発した新型コロナウイルスは、もはや武漢がどうこうではなく、各国で日本が世界的に見て危険地帯になっているような報道をされているのをご存知でしょうか?

初動が遅れ、水際で阻止すると言って、なんの対策をとってきたのか? 致死率もどうかわからない現状では素人の厚労省ではなく、エボラやSARSのときに現場にいた医療関係者を全世界から集めて対策を考えるくらいの事が必要でした。

プリンセスダイアモンドの中で、隔離経過を見ると言いつつ、結果不顕性感染者も含めて、下船しましたのでおそらくは確実に広がります。

で、目いっぱいの皮肉ですが、こんなとき労働時間はどうなっているのでしょう? さらに危険手当が出るのでしょうか?
医療関係者であれば、使命を持って感染阻止、あるいは治療看護に当たるのは当たり前です。自衛隊が国を命をかけて守るのと変わりないと思います。もちろん違う、イヤだという人もいるでしょう。

私は医療は商売ではなく、金になるからするのではなく、救うべき、治すべき患者がいるから医療があるのです。
平成以降の方は異存がある方もおいででしょうが、我々が育った昭和中頃までは少なくとも人のために自己犠牲もあり得る風潮だったと思います。

歯科医の私が言えた義理ではありませんが、産科の医師は年間どのくらい一般職で言う残業があるかご存知ですか?
答え2000時間オーバーの方が多くを占めています。これ働き方改革のレベルですか? 労基のアホは法に基づいて、と自らの思思想、思考は停止の状態で、指導に入り医療を破壊しておりますが、これで少子化対策はどうなるのか?と言いたい。産む場所がなくなるんですよ。地域によっては産科はすでに崩壊が始まっています。

どこかの宣伝?広告?会社の女性が若くして命を絶たれたことからブラック企業の件から、今回の働き方改革に及んだのですが、企業のブラックと医療の過酷な労働条件を同列で括るなと言いたい。


 

2020-02-20 23:34:21

コメント(0)

日本沈降?

院長の舩崎です。

日本は資源をほぼ持っていないことで、逆に技術大国として世界に台頭してきました。
いまでもそうだと思っている方が多いかと思いますが、私に言わせればもはや技術後進国。
かつてトップとして君臨していた造船しかり、半導体等電子部品しかりで、GDPは世界第2位ではないですし、これに加え経済成長率も先進国の中ではほほ最下位。脳天気にオモテナシと切っている場合ではないのです。

いま日本はデフレで、モノを作っても利益が上がりません。たしかに一部企業は莫大な利益を得げているところがありますが、一部企業だけが安泰であればよいわけではなく、底上げをしていかないと日本の国力が衰退するのは目に見えています。

それに追い打ちするように消費税も上がりました。設備投資がしにくい環境になっています。一部企業には業績のために優遇するような税制を立法したりすることもあるようですが、概ね市中の中小企業には関係ありません。

また今回の働き方改革。どこに行っても良い話を聞きません。面白いのは恩恵を受けるであろう従業員からも不満が出ていたりすること。日本の置かれている環境でこれは国力を削ぐ元凶にしかならないと思います。デフレで物が売れないのに人件費だけは高い。
特に医療は医療人である志し、心構えが必要不可欠だと思いますが、それを時間、賃金でしか考えることができない従事者がこれから先増えてくると思います。はっきり医療崩壊を意味しますし、このままで行けば少なくともみなさがこれから先不自由を感じることは間違いないでしょう。

2020-02-20 08:45:31

コメント(0)

東京に行ってきた

院長の舩崎です。

土曜日診療終了後、所用で東京へ行ってきました。

最近ではコロナウイルス感染の拡大もあることからどうしようかと思いましたが、どのみちいずれ拡大は避けられないと思い、むしろ今のうちということで、決行しました。

東京に行くまで、着いてからについてですが、皆さんマスクなどで重装備?なのかと思っておりましたが、実際にマスクをしている人は約8割くらい。特に欧米系の人はまずマスクは着けてはいません。これは欧米人がマスクをつける習慣がないのが影響していますね。もちろん中には高性能であろうマスクを装着している人もいますが、今のところは各人各様といった感じです。

東京での大きなベントと言えば3月1日に東京マラソンが開催予定です。鹿児島でも同日にマラソンがありますが、鹿児島でさえ全国から参加者があると言いますので、不顕性の感染者の往来がないとは言い切れません。なので、いまは国内でも感染が陽性の人も2,30人確認されていますが、今後はおそらくは爆発的に増えることが懸念されています。

アメリカではインフルエンザが猛威を奮っていますが、こちらの方はすでに亡くなられた方は1万人を超えるとのことで、実際の感染の脅威に関して言えば、インフルエンザの方が恐ろしい、ということになります。

コロナウイルスもしっかり対策をすべきですが、あくまでもいまのところインフルエンザに比べますと致死率は低いですし、現に感染から回復されている方も相当数おられるということですので、まずは冷静な対応が求められると思います。

2020-02-17 08:52:25

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
uuu