TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ

ブログ

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

温度差

院長の舩崎です。

流石に30年も歯科医をやっておりますと、患者様の現在の歯が今後どの様になっていくかはおおよそ予測が付きます。
特に気をつけなければならないのは歯周病で、究極の慢性疾患と言われるように、いつもは取り分け症状らしい症状もなく、ジワジワと進行していく事が多く、御本人が気がついたときには相当程度進行していることがほとんどです。

これには定期検診が必要であるということは、今回はひとまずおいでおき、悪い歯をどうするか?という点で考えてみてみたいと思います。
昨今の歯科診療は極力歯を残すということが治療のゴールであり、歯を抜く歯科医は腕が悪い歯科医というような風潮がないとは言い切れません。もちろんそれはある意味正しいのですが、中には本当に抜歯をしないと感染を拡大させ、隣の歯も巻き添えを被るような状態のもあります。

それがまた案外日頃はどうもないことが多く、抜歯の可能性を示唆しますと、今はどうもないので、次に痛みが出たり腫れたりしっときにお願いしますということも珍しくはありません。治療は十分説明を尽くしますが、やはり御本人は抜歯をしてまでという気にならないことが多く、様子を見たいということが少なくありません。いわゆる処置に関して患者様と我々医療従事者が現状や処置に関し温度差があると感じざるを得ないところです。
ちなみにこのような歯は抜歯をしますと、ゴミ溜めから発するような臭気がして、患者様も相当悪かったんだねぇ。。とお話されることが少なくありません。なかなか難しいところではあります。

2021-09-27 08:58:02

コメント(0)

折りたたむ

墓参りに入ったが

院長の舩崎です。

今週は休みが週に2日ある週でした。

スタッフは週休や有休で珍しさはないでしょうが、私にとっては午前にお一人オペ後の消毒・確認をして、免許を返納した両親を連れて墓参りに行った以外は、やることも特にはない休み。

私だけかもしれませんが、休みは本当に辛いです。
いまの雇用制度を遵守し、なおかつ福利厚生の点で劣っていては人材は集まりません。結局は「お金が」ということになるのです。やればわかりますが、まっとうに診療しますと、そんな利益など出るはずはありませんし、一方修理費や、新たに購入する器具、給与のベースアップなど、考えれば気が狂いそうになりますって(笑) (一応悲壮さを打ち消そうと「笑」を付けましたが、笑ってられません。) 診療の日はともかく、休みの日も決して心が休まりはしないのですよ。。。

2021-09-24 08:47:24

コメント(0)

折りたたむ

中秋の名月のはずだったが

院長の舩崎です。

いつもブログをご覧になってお出での方は(←そういう方がお出でかどうかは分かりませんがw)すでにお察しの通り、昨夜は少しだけ楽しみにはしていましたが、案外早い時間にはまだ月は見えておらず、そうこうしているうちに例により寝落ちしてしまいました。

これは仕方ないですかね?
体力うんぬんもですが、診療は信じられないかもしれませんが、秒を争う忙しさで、もちろん診療ですので、非常に気も使います。治療をお受けいただく患者様の心理状態にも少しでも楽にお受けいただけるよう、やはり気遣いを忘れません。
そう考えますと、やはり寝落ちしますわなぁ。。。ハイ

2021-09-22 08:47:10

コメント(0)

折りたたむ

と、書いたら

院長の舩崎です。

私にとっても久々の連休でした。
これで休まるかと言えば、何故か休むことの罪悪感等々で、まったくダメな気持ちでした。昼夜は逆転しますし、自己嫌悪感さえ覚えます。我ながら哀れですw

で、昨日ブログで女性総理候補の扱いが少ないと書いたところでしたが、あくまでもネット上での反応ですが、急に高市候補の露出が増えてきたように思えます。特に日本記者クラブでの扱いは明らかに差別で、高市候補に喋らせないという露骨な、公正中立を旨とする筈の報道機関にあって、ありえない話です。

おかげでというか、ワタシ的にはジワジワと高市候補の立候補表明演説や討論の受け答えで、彼女の支持が自然発生的に増えてきているように思えます。もちろん私の話に違和感を覚える方もお出ででしょうが、あくまでも個人の見解ですので。。。

当初は河野候補が有利と言われていましたが、彼と高市候補の大きな違いは、報道番組等でインタビュアーがおそらくは気に入らないような質問をした際に出ている気がします。河野さんはすぐに気色ばみ、口調が強く早くなるのに対し、高市さんは笑顔を絶やさず、しかも答えがブレずによどみない。彼女の政策に真っ向から意にそぐわない方もお出ででしょうが、個人的には選挙の行末が楽しみです。

2021-09-21 08:59:03

コメント(0)

折りたたむ

今回に限って???

院長の舩崎です。

もうすぐ自民党総裁選が行われます。
自民党は与党ですので、選ばれることは総理大臣になるということで、いわば日本の顔が決まるということになります。

これは現在の刹那的な結果論ですが、人気のなかった菅総理のワクチン接種攻勢が功を奏したのか、感染者数はピークアウトしたことには違いないと思います(ただ6波が来ないとは言い切れませんので、全く油断はできません) もしそうだとすればお気の毒にも結果がぼちぼち出だした頃に、何もしなかったというレッテルで退陣を余儀なくされた、ということになるかもしれません。

繰り返しますが、コロナは完全に終息はしておりませんし、北朝鮮や(アフガン、ミャンマーなど、本来は日本が活躍できる場である気もしますが)、対中などなど国内外にも問題山積です。しかも多様化と言われる社会になってきましたので、いかにその多様性にも応えられるかが非常に難しい舵取りを求められる局面であります。こういうときは一方では評価され、一方では批判されと、同じことに対しても評価が分かれることが多く、個人的には火中の栗を拾うような気がします。

ここで、気になるのが高市早苗、野田聖子候補の取り扱い方(←いささか失礼な表現ではありますが)、特に高市氏が扱いに偏向がかかっている気がするのは私だけでしょうか? 靖国や国防など、好ましからざると持っている国民には反感を持つようなことを切り取る報道が多い気がします(←あくまでも、気が) 国を預かる代表ですから軽々しきは問題外ですが、候補者はそれぞれ十分な資質を持った方と思われます。今回は第100代総理大臣を決めようという選挙なのですから、いっそのこと初めての女性総理大臣の誕生の機運を盛り上げても良いように思います。
政治家(等に)女性が少ないなど、ほんのこの前まではメディアも声高に言っていたように思いますが、今回に限って聞こえてきませんけど?

2021-09-20 14:28:52

コメント(0)

折りたたむ

応えるということ

院長の舩崎です。

患者様はいろいろな悩みを持って来院されます。
うまく噛めない、口が開けにくい、腫れてきた、などなどから中には堪え難い痛みが生じているなど、すぐにでもその主訴を解消しないことには患者様の平穏な日常を著しく損なう症状まで、まさに多岐に渡ります。

主訴の原因も診てすぐに分かるものから、何故そのような症状が出たのか、一見しただけでは中々分かりかねるものも多く存在ます。重要なのはそこに至るまでの状況を患者様から聞き取りを行います。いわゆる問診なのですが、どこかに原因となるヒントが隠されている場合がありますので、通り一遍の聴取では済みませんし、加えてレントゲン等も撮影して、併せて精査します。

かく言うキャリアの方も年数を重ねて行っており、恥ずかしながらもベテランと言われる年に達しておりますので、安直に答えが出せない、つまりは原因が分からないでは済みません。そこはどうにか診療に携わった年月だけではなく、他院より多くの患者様を拝見しており、自ずと多くの臨床経験を積ませていただくことができました。
当然全てとは言えませんが、多くの症例では原因の特定と治療で症状の解消を図ることができており、どうにかお役には立てている気がします。これからも探求することを止めることなく、精進し続けるつもりでおります。

2021-09-18 08:53:45

コメント(0)

折りたたむ

休むに休めない

院長の舩崎です。

保険診療をメインに歯科診療をやっていますと、材料費の高騰、同人件費、なぜか考えたくない修理補修費、などなど収入に対し年々支出が増えていく仕組みになっている気がしてなりません。

当院は一応暦通りの診療をしておりますので、日祝日が多いと収益は下がります。何故は以前は保険診療だけでも対して苦にならない収益でしたが、最近は特に人件費の高騰が目につきます。

これがまた残念なことに平均値より下の費用で求人を出しても、おそらくは誰も来てもらえません。ある程度の収益と、最低週休2日は必須です。
今回のようなコロナ渦では収益がダウンした大手航空会社など、内部保留はあるとかと思いますが、給与カットや、賞与カットが行われているようですが、当院のような零細では、したくともスタッフが離れてしまっては、診療自体が成立しなくなりますので、何があってもスタッフの待遇が第一優先で、これが故に、収益を下げるわけには行きませんので、体がきつかろうが、診療を止めるわけには行かないのです。
多くの患者様にご来院いただいている、そのことが唯一の支えであります。
 

2021-09-17 09:01:28

コメント(0)

折りたたむ

免許更新が来ているが

院長の舩崎です。

免許の更新は今は誕生月の前後1月で更新すれば良いことになっております。

わたしは 10月1日が誕生日ですので、9月1日から11月1日までに済ませれば良いことになっており、当初の予定では9月の第1日曜に更新に行くつもりが、このところのお疲れモードで朝が撃沈状態!
次の週も同様。。。

もちろん週休などもないので、平日には全く動きようはないですし、これは体力の問題というより忙しすぎか。。。?
考えてみれば患者様のご支持を頂いているということに他なりませんので、更新期限内にはどうにかがんばります。
一応優良区分でしたので講習の時間は早いかと思いますので。。

2021-09-15 08:53:52

コメント(0)

折りたたむ

コロナの陽性者数は減ってはいるうが。。

院長の舩崎です。

一時は全国的にも2万人を超え、我が鹿児島でも200人台の陽性者数がいたコロナですが、最近は全国的に減少傾向にあり、ワクチンや自粛等の効果が出てきたのか?と思いたいのですが、まだまだ油断大敵ではないかと思います。

諸外国ではワクチン接種後、ブレークスルーと呼ばれる接種したにもかかわらず感染して、中には亡くなった例もあり、油断はできません。もっとも集団免疫を獲得しようという考えもあるのかイギリスなどではマスクは外し、集会もOKと言う国もありでした、結局コロナもそこまでは甘くはなかったようで、感染者数は増えてしまいました。

それに対し、日本ではマスクを外して行動する人は殆どおらず、自粛に対してはどうかと思いますが、この結果を見てもマスクの必要性が今更ながらに重要視されているように思います。

コロナの感染が広がって1年半以上経ちましたが、対策もいろいろ変遷してきた部分もありますが、マスクと換気は一貫して有効性が認められているところですので、さらにはシンプルなことですので、励行して行くべきだと思います。

2021-09-14 08:54:29

コメント(0)

折りたたむ

30の次は31

院長の舩崎です。

土曜日のブログに、9月11日をもって開業30周年目を迎え、それで本日からは31周年目に突入!

時短や働き方改革は、聞こえは良いですが、必ずしも患者様の立場になれば、決して良いことではないことが多いです。
経営するものの立場としても同様でありますが、「誰のための」診療か、ということを肝に銘じ、これからもより一層患者様に寄り添えるよう、粛々とまた日一日を積み重ねで行くだけです。

2021-09-13 08:47:27

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
uuu