TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ

ブログ

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

アマビエ

院長の舩崎です。

昨日から、ナニをトチ狂ったかと言われそうですが、アマビエのシールを張ったり、缶バッチを作ったりしました。

まさか医療従事者のフナサキが、と思わえるかも知れませんが、大いに真面目に取り組んでいます。
ちなみに一流大企業の日本航空(JAL)も機体にアマビエシールを貼っている機体もありますので、早期終息を願う気持ちは同じです。
また感染防止の意識を持つという意味でも意義があることだと思います。
ついでにウイルスという自然の産物?相手のことですので、この際神仏にすがってもバチはあたらないかも。

個人的には、行く店、店でアクリル板を見ますが、何故かあると安心感を与える気もしますが、あれは今まで行ってきた通りエアロゾル感染もするコロナにはほとんど意味をなしません。また遮断物が中途半端にあることによる視界や、聴覚に悪影響を与えて、横から顔をつか付けて話をするというシーンはいまだに見かけます。

それから言えばアマビエの方が妙な緊張感を与え、まだ良い気さえしています。

2021-01-15 09:01:59

コメント(0)

NHKと香水

院長の舩崎です。

時代の変遷とともに変わっていくことはありますので、大方の意見は問題ないと言う方が多いかと思われますが、個人的な見解として。

私は見ませんが、NHKの紅白で瑛人という歌手の香水という歌が放送されました。
これはドルチェアンドガッバーナ(あとはD&Gと略)というはっきりとメーカーのブランド名であり、かつてNHKは特定のメーカー名が入らないよう、歌詞も変更を求めましたし、番組で出てくる商品は紙などを貼り付けメーカー名がわからないよう頑なに独自性?を保ってきたように思います。

私はかつてHNKに就職する患者さんになぜNHKは放送受信料を取るか尋ねたことがありました。おそらくは正解を述べたと思いますが、コマーシャルなどを入れることをしない代わり、他から金銭を受けとらず放送の中立性を保つというのが公共放送の意義であると。

NHKは他の放送局がコロナ禍で広告費などが減収する中、受信料を徴収することにより、収益が減ったという話は聞きません。しかも最近ではほぼ税金並みにしっかり支払いを求めるのであれば時代の変遷などということ無く、やはり頑ななまでと言われようとも、かつての「お固い」NHKは崩すべきではない思います。

2021-01-14 08:59:28

コメント(0)

パッケージ変遷。。

院長の舩崎です。

連休中、鹿児島でもほんのりと雪が降り?積り?ましたが、懸念されたほど大したことはなく、無事に過ごすことができました。まぁこの間もコロナは相変わらずでしたが、少々この話題にも辟易してきましたので、本日は全く別の話。

最近身の回りのモノのパッケージが変わってきて、ホントに面白みが無くなってきたのがあります。
おそらくは最近と言っても結構前からのモノもあるかと思いますが、生産側からすると製造コストや効率、あるいは消費者の使い勝手を考慮してのものだと思うのですが、なんだかなぁ~、と思わざるを得ないという、気にならない人には全く気にんらにという代物です。

で、私h炊事の後片付けの際に多様?愛用?しているのが「束子(たわし)」です。メーカー名まで出しますと亀の子束子。
使ったことはなくても知っている方は多いかと思いますが、最近の若い方はどうなんでしょう? で、その亀の子束子がパッケージのデザインこそ変わらないものの、材質が紙製からビニル製になりました。束子なんでそれこそ古来ゆかしき道具であるにも関わらず、なんで今さらビニル製にするのか分かりません。このことで束子の持つ風情が台無しです。

あと私がよく使う某メーカーのオリーブオイル。今までは金属製のスクリューキャップだったのが、プラスチック製の片手でも使えるタイプに変更。便利以前にまたこれも風情台無し。と勝手に思っているのは私くらいなのですが、束子は紙製を保存用に持っていますし、オリーブオイルはプラキャップのビンから金属スクリューキャップ性のものにわざわざ移して使っています。
モノが持つ、風情・雰囲気も重要な要因だと思います。まったく個人的ですが。。。

2021-01-12 09:03:54

コメント(0)

当たり前の話と仕方ない話

院長の舩崎です。

最近は話題といえば話題の豊富さに欠る嫌いがありますが、本日もコロナ。

多くの都市部では感染者数が増加しており、昨今の急峻に立ち上がるように増えたのは本年になって3日が多いとのことです。
これは感染して発症するまでを5,6日としますと該当するのはクリスマス。
やはりこの頃は少々緊張感も緩み、繁華街ではいつにも増して人々の出が多かったことはニュースでも報道されていたことかと思います。
人々は理性とは裏腹に心理的な要因で行動に移してしまうとがあります。
いささか理性を欠いているとは思いますが、政治家が多人数で忘年会などをしますと、いくら言い訳をしても、なぜ国民には自粛を強要し、自分たちは集まるのか、などの反目の心理が働きます。二階氏の開き直りは愚の骨頂で、それがわからないのでGo to〜キャンペーンなどやらかし、誤ったメセージを国民に与えてしまっているのが、この政治家のどうしようもないところです。

結局は感染源の特定できない市中感染が増えて来ており、少なくとここれは人々が外に出て、感染者と接触してしまったことを意味します。市中感染の困った点はかかった本人も症状がなければかかった自覚はないわけで、それで市中を移動しますと少なからず他の人にも感染させてしまうという点です。

多少の感染防止効果はありますが、マスクでも本当に正しく着用しているかは疑問ですし、布製、特に通気性に優れたウレタン製などは少なからずコロナはエアロゾル感染が確認されていますので、感染しないとは言い切れません。私にいわせればアクリルやビニルの衝立も同様。直接の飛沫は多少防止できるでしょうが、すべてを壁のように覆っているわけでもないですし、相互にマスクをしていれば有効性は疑問です(ほぼ心理的安心感のため?) しかもよく聞こえなかったりで衝立の隙間から話をするシーンも目にします。かえって距離が近づいて、こっちの方がリスクがありそうです。

今回は主に飲食業を対象に緊急事態宣言の対象になりました。
クラスターの発生源が飲食をともにする集まりに起因して発生することが多かったからです。実はクラスター発生件数だけで見ますと多いのは医療機関や福祉施設。発生の原因になった詳細までは分かりかねますが、これらを休業にするわけには行きません。しかもこれらの施設では発生しても極力外部にまで広がることを防止されているのが飲食業と根本的には異なる点です。
クラスターの発生件数だけでは判断できないところでありますが、これは仕方ないというか当然ということですね。

2021-01-09 09:13:36

コメント(0)

コロナ現状

院長の舩崎です。

私は大学で細菌学のゼミを取っておりましたので、感染に対しても素人ではありませんが、日々研究を行っている線民家ではありません。が、一応現在までの事実に基づいて話をしていきます。

最近になって感染者数が一気に増えてきていることを皆様も感じておられることかと思います。一人の感染者が次の非感染者に感染させる割合を実行再生産数といいますが、これは数字が1より大きいと一人あたりが次に感染させる人の数が多いことを意味します。

いくら数値が低くとも広範囲に移動すれば感染の危機を広げてしまいますので、あまり移動をしないことが感染拡大に効果があるのは言うまでもありません。これでどんどん感染者数が増えていきますと、ある時点からは直線的な増加でなく、上向きの立ち上がりの鋭い曲線になります。現在の状況は限りなくこれに近く、日々の感染者数は多くの都市で感染者数の記録を更新しています。

政治家は経済を回すことにしか考えが向いていないフシが伺われ、アフターコロナの経済復興策Go to~であったキャンペーンんどを早々と打ち出し、ある程度までは医療者に対策を押し付けているとしか思えません。ここに来て医療側の疲弊や逼迫の状況に慌てて緊急事態宣言を出しましたが、Go to~が国民に誤ったメッセージを出したことには違いなく、おそらくはまだキャンペーンを控えて、もう少し真剣に取り組むメッセージを出していればこの状況は回避できていたと思われます。

日本の感染者数、死者数は諸外国に比べればまだまだ少ないと思っていると、そのうちすぐに増えてしまいます。
決して油断することはならないと思います。

2021-01-08 09:01:59

コメント(0)

エコではないのではないかと持った話

院長の舩崎です。

正月はすでに過ぎてしまっていますが、正月を飾る食材の一つに蒲鉾がありますよね。

ところで最近はエコ意識がまた浸透して起きておりまして、喫茶などでもジュース類にストローを提供しない店舗も見られます。提供している店舗でも紙製のストローなどを使っているところもあるようです。
やはり分解しないプラスチック製は海洋汚染の一因になるばかりでなく、海洋生物に対しても脅威になり得ると思われます。YouTubeなどでも鼻にストローが刺さったウミガメからストローを抜き取る動画などもあって、良い影響を与えていないのは確かなようです。

で、持って回りましたが、先の正月に活躍する蒲鉾。その蒲鉾が、簀巻き蒲鉾と言って竹製の簀巻きではなく、簀巻き感を出したいのか、蒲鉾の周囲にストローをひっつけた物があるのを見て少々驚きました。小さいとは言え蒲鉾を一周する本数ですので、かなりの本数に上ります。また各蒲鉾がそんな感じですので、そこの工場で簀巻きに使われる本数はいかなるものか。。。?

まぁあまり人様の意匠にケチを付けてもナンですが、こりゃぁちょっと時代の流れには逆行かなと、思った次第。。

2021-01-07 08:58:22

コメント(0)

コロナと日本人

院長の舩崎です。

コロナウイルスが人に感染し始めた時期はまだ完全に明らかにはなっていないそうですが、ちょうど昨年のこの頃から次第に新型肺炎の情報がホツリポツリと入ってくるようになりました。

極めつけは客船のプリンせずダイアモンド号の入港に端を発し、全国に感染者が拡大していったようですが、これとは別ルートで航空機等による国内への外国人の入国があります。
新型肺炎の発祥国とされている中国からは一昨年まで、日本が44万人、アメリカが34万人、ヨーロッパが22万人だったそうで、入国数としては日本が断然に多いと言えます。にも関わらず、感染者数・死亡者数とも現状でも世界各国の中で日本は極めて少ない国の方にあると言えます。

ただ少なかろうが感染者がいるというのは厳然たる事実で、軽んじるわけではないですが、相対的に感染者数が少ないのは、やはり日本人の 清潔好きで、感染防御に関しても協力的だという点は大きいと思います。
民族、人種的、あるいはちまたで言われるBCGを接種したしないも関与するとは言われていますが、マスクを早くからする習慣があったこと、手洗いなど常識的にしていたことなど、我々日本人の「当たり前」が今回のコロナウイルスの感染予防に貢献していることには違いはないと思われます。

2021-01-06 08:55:55

コメント(0)

昨年末にあったこと。。

院長の舩崎です。

昨年末の話なのですが、30日の深夜に時間を確かめようと腕時計を見てみましたら、ナント時計がないではありませんか!
よる年波のせいか、いくら記憶力が乏しくなったとは言え、外した記憶はありません。

で、当日の時計が外れてしまうような状況を冷静に考えてみましたところ、深夜に溜まりに溜まったダンボールを古紙回収所に持って行ったことを思い出しました。年末皆さんが大掃除のせいか回収所もすでにパンパンで、大量のダンボールを隙間にギュウギュウ押し込むという作業をしてやっと、終えることができました。

おそらくはそのときに腕時計が外れたとしか思い当たりません。で、気がついたときは明け方に近い深夜でしたので、日が昇ってすぐにあまり期待せず古紙回収所に向かいました。ここでなけれければ警察に遺失物届を出すつもりでした。

回収所に到着してまずは地面を見渡しますがありませんでした。で、ふと、頭を上げて、ここの回収所の注意書きの掲示板を見ましたらナント、落とした時計がここにかけてあるではありませんか!
発見して安心したというより、感激しました!
おそらくはこんなことは 日本でなければ起こりえないのではないか?などいろいろ思いを馳せながら、時計を持って帰りました。やはり時計バンドが切れておりました。あるとないとでは、正月を迎える気持ちにさえ大きな影響を及ぼします。

非常にありがたい気持ちで年始年末を向けたのは言うまでもありません。
どなたか知る由もありませんが、拾ろって掲示板にかけて置いてくださった方に、感謝の意を表します。
ありがとうございました。

2021-01-05 08:56:27

コメント(0)

本日から。。

院長の舩崎です。

皆様、あけましておめでとうございます。
当院は本日より平常診療を開始します。
(ホームページが診療日の実診療日の記載が変更されておらず、一部の患者様にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます)

昨年の今頃は、まさかコロナの影響がここまで甚大であるとは誰も気が付かず、まだ平穏な正月を過ごしておりました。
それが結果、コロナに翻弄され続けた1年となってしまい、現在も収支の目処すらついていません。

そう言う渦中ではありますが、スタッフ一丸となって診療に邁進いたしますので、皆様本年もどうかよろしくお願い致します。

2021-01-04 08:41:41

コメント(0)

今年最後の診療で

院長の舩崎です。

今年と言えば、わざわざ言うまでもなくコロナで始まり、コロナで終わる、全世界が翻弄された年でした。
ワクチン接種なども開始されているようですので、来年はマスクを外せる日常が戻ることを切望します。

さて。そんな中、診療で嬉しかったこと。
まずはいまのところ感染もなく1年を無事に終われそうなこと。

そして、存外埋伏智歯の抜歯が多かったのですが、(言ってよいのか悪いのかw)、他で抜かれた方で、痛みや晴れが全然違ったと、喜んでくださった方が多かったこと。

某小学校のクラスで、当院が優しいのでと聞いて、学級で来られる方もおいでだったという話を聞いたこと。

些細なことですが、こんなことがモチベーションになります。

今年ご来院くださった皆様、誠にありがとうございます。
また来年もよろしくお願致します。
 

2020-12-28 08:44:17

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
uuu