TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ

ブログ

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

実直が基本だと思うのですが

院長の舩崎です。

い眞、教育の現場はどうなっているか分かりませんが、少なくともわれわれ世代は一生懸命働くことが善で、当たり前と、ナニも疑問を持たない世相だったように思います。

当時でも富裕層はおられたのでしょうが、今ほど露見はしておりませんし、日本国民は総中流という位置で、比較的満足していましたし、さらに些細な幸せを求めて一生懸命働いておりました。

ところがそれが良かったのか悪かったのか、生産効率を上げるために機械化を行った結果、単純労働の横行や人員整理が行われました。また常に効率を求められ、この頃から人々の心はゆとりが乏しくなり始めたように思います。

また同時にいわゆる肉体的な労働以外の手法により(いわゆる不労所得)金銭を手にする人々も台頭してきました。株などのを行う人達ですが、本来は企業の成長性に期待して投資目的で株を買うのが筋でありますが、昨今は全くのマネーゲーム。

また携帯電話が出現し、これのコンテンツやスマフォになってくるとアプリをインストールできるようになりましたので、これらや更に多少前後しますが範囲を拡大してIT関係で、考えられないほどの大金を手にする人々も出てきだしました。まさ濡れ手に泡。。
そこでやめておけばよいものをYoutubeなど動画投稿できるコンテンツが流行り始めますと、その裕福振りを披瀝する者も出てきて、資本主義社会ですんで、そりゃまぁ良いのでしょうが、真面目に働くも者には嫌ぁ〜世相になったものです。
 

2021-02-26 09:04:54

コメント(0)

地雷のような

院長の舩崎です。

稀にですが、インプラント埋入後、比較的直ぐか、ないしは数年経ってか、突然インプラント周囲骨が急峻に吸収を始め、やがて抜け落ちてしまうことがあります。

おそらく埋入部位の骨に無症状の慢性的な骨髄炎があったように思えます。例えば可能したりして、根の治療をした挙げ句、抜歯に至ったケースや、来院時に周囲の骨にまで炎症が波及しており、それで抜歯に至ったケースで、治癒して数年経過してもやはりその部は地雷のように何かをきっかけに炎症が再燃することがあるよう思います。

それに糖尿病など基礎疾患があった場合など、後になって症状の出現をきたすことがあります。
ただ結果論に過ぎませんが、後になってCTなど診査しますと、そのような兆候がったのか示唆されることもありますが、一般的には残念ながらそこまで明確にわかることはあまりない気がします。

いくら経験を積んでもいまだになかなかわからないことというのが存在するものです。。。

2021-02-25 08:53:24

コメント(0)

改姓の話

院長の舩崎です。

いきなりですがワタクシは、まぁ昭和思考で、古いアタマの人間ですが、個人的には夫婦別姓に大いに賛成です。

以前ほどではないとは言え、改正することにより著しく不都合な扱いを受けるのはほぼほぼ女性です。(男性も婚姻を機に改正する人はいますが、ほんの数%だそうです。ちなみに私の父は当時は珍しく母方の姓に改正しました。ですので舩﨑というのは母方の姓なんです。

だから私が言うのではなく、女性同士でも結婚して改姓することが勝ち組だというような風潮もありましたし、今は決して珍らしくなくはなりましたが、離婚して元の姓に戻るのも当事者の心境としてはどうなんでしょうか?

個人開業医の私にとっても、そこは大変です。
どのような離婚であったかは知る由もありませんが、離婚して元の姓に戻られた方を、つい呼びなれていた改姓の方でお呼びして、キツイ表情を浮かべられ、「◯◯ですっ!」(◯◯は旧姓)とお叱りを受け、非常に気まずい思いをしたこともあります。私だけとは思いますが、間違えないように気を付けても習慣的に改姓の方で及ぼしてしまったりで診療以外にも気を使わなければなりません。

また中には4回改姓した方ご出手で、結婚されて改姓、離婚されて旧姓に戻られ、再婚されて改姓。多くはないですがこのような方もおいでです。
以前離婚されて母子手帳の父の名前というところをボールペンで荒々しく毟り取るるよう消し去ろうとしている方もおいでになったことがあり、こういう方は姓を間違えないよう非常に気を使います。

この逆の場合もあり、結婚されたのに旧姓でお呼びしたところ誇らしげ?に「△△です」(△△は改姓)でお答えされた方もお出でです。

当然キャリアや他人の好気の目に晒されたりと、ワタシ的にはこれは差別です。
ですので、別姓でも構わないと思います。ちなみに私は多くの女性患者様は浸しくなりますと下のお名前でお呼びしています。



 

2021-02-24 09:03:20

コメント(0)

コロナワクチン用注射器

院長の舩崎です。

最近耳にされた方もお出でかと思いますが、ファイザー社のコロナワクチンのバイアル(容器)からでは通常の注射器では5回分くらいしか取れず、特殊な注射器を用いることにより6回分確保することができる、というニュース。

ひとつのバイアルに対し1回分ずつ少なくなるのですから、これが数十万バイアルですと、単純に数十万人分は不足してしまうわけで、これは無駄に捨ててしまうことんになるのです。そこで、急遽増産したり韓国に発注したりと、この辺も少々混乱が生じているところのようです。

ところで、当院でそのと特殊?な注射器を知っているスタッフが居るか聞いてみたところ、残念というか案の定というか誰も知りませんでした。私はニュースでその話が出たときに真っ先に調べましたけど。。
注射器をご存知の方はほとんどだと思いますが、注射器本体に針をつける基部という部分があります。要はここの分の薬液(今回はワクチン)はプランジャー(ピストン)で押し出せないので、必ず余ってしまうのです。接種に必要なワクチン量は0.3mlだそうですが、この僅かなスペースに残った分が合計すると1回分の不足になるというわけです。そして特殊な注射器うというのはこのプランジャーに出っ張りがあって基部の空間に余る薬液をも押し出すようになっているのです。つまりは平坦な形状でなく、細長い凸状になっているのです。(この文面でわからない方や興味を持った方はぜひご自身でお調べ下さい)

で、その特殊な注射器をあたふた作っているようですが、もともとツベルクリン用の注射器で注射針一体型という製品があるのです。おそらくは針の長さの点で問題があるのかもしれませんが、特殊形状のプランジャーを作るよりはツベルクリン用のシリンジの針の長さの方を改造する方が遥かに早いと思うのですが。

2021-02-22 09:01:39

コメント(0)

生き辛くなる。。

院長の舩崎です。

あえて批判の誹りを覚悟の上。

橋本聖子さんはオリパラの大会委員長にならされましたが、本人は相当嫌だったようで、極論で言えば国家的なハラスメントな気もします。PTA役員を決めるので毎年揉める構図の国家版です。

選考過程も結局非公開で不透明。
また御本人も若いスケート選手に抱きついたりキスを強要したりと(←仄聞に過ぎませんがおそらく事実)、もし本当であれば言葉だけでなく、実行を伴った分、森さんより酷いのではないか?これは御本人も意識にあって就任を固辞していたとかの話もあります。

もし本当にオリンピックを開催したいのであれば、国民が皆で協力するか、あるいはそうでなければその辺を追求して、橋本さんの大会委員長を下ろすか? これを追求しないのであればマスコミもダブルスタンダードということですよね。

そして橋本さんの件を、男のようだと発言し、これまたやらかしてしまった自民党竹下派の竹下亘さん。釈明に男勝りだと言いたかった、とさらには墓穴を掘る始末。性根・思考が昭和真っ只中です。

ただ御本人は全く女性を差別仕様などという本意はなかったと思うのです。
配慮が不足していることは逃れようもありませんが、あまりにも言葉尻ばかりを捉えていますと、結局は物言わない人が一番賢明だということになってしまいますし、表があれば裏があるように、一方で正しいことは裏を返せば間違っていることもないとは言い切れず、生まれながらにして聡明で配慮が備わっている方は良いですが、私のような凡人はこれだと話すどころか、こんな世の中に生きていくことも辛くなってしまいます。

繰り返します!
東京オリンピック・パラリンピックを日本として世界に恥じないものにするためには、あら探しでなく、皆で協力するしかありません!もう残りの日数も限られているのですから。

2021-02-20 09:02:24

コメント(0)

麻酔について

院長の舩崎です。

本日は久しぶりに歯科の話です。

おそらく一般歯科の私どもは使わない日はないというくらい麻酔は常用しております。あまりにも普通になりすぎてあまり意識することはありませんが、歯科治療は痛みを伴う処置が不可避で、現代の歯科治療では麻酔なしでは治療が成り立ちません。

簡単な虫歯の治療から、抜歯やインプラントなどの外科処置まで、麻酔を必要とする処置は数多くありますが、特に外科処置では始めから最後まで麻酔をしっかり確実に効かせることが必須です。

一般的に言われている酒類に強い方は麻酔が効きにくい、などいわれますが、経験上あまり感じたことはありません。然るべき部位にしかるべき量の麻酔を行えばまず効かなかったことはありません。
当院では骨の中に埋もれた親知らず(水平埋伏智歯)の抜歯の頻度が高いですが、これなどは麻酔が切れたのでは話になりません。途中で追加する麻酔は神経が興奮し、それこそなかなか効かなくなります。

麻酔に関しては注射で行いますので、ただでさえ処置前に緊張してお出での患者様に下手に麻酔の疼痛を与えてしまうと、予期せぬデンタルショックなどの反応を引き起こしてしまうこともあります。これも患者様を注意深く観察しながら行えば、大きな事故を未然に防ぐことができると思います。

要は施術者の経験が物を言うことが多いのですが、多くの患者様にご来院いただき、自ずと修練を積むことができ、経験値を上げることができたのは、他ならぬ患者様のおかげであります。諸々感謝しつつ本日も診療の当たります。

2021-02-19 08:54:55

コメント(0)

火中の栗を拾わされる

院長の舩崎です。

ワタシ的にはほぼ固辞していた感がある橋本聖子さんがどうやら森オリンピック大会委員長の後任になることを受諾したとか。
昨日朝のニュースでは、大臣職を全うしたいということで、委員長の役を受ける気は本人にもなかったと思われますが、周囲から橋本さんがしないことには東京オリパラは開催困難であるなど、押し切られたのではないかと勝手に推測しております。

選考過程はオープンで透明性があるべきという菅さんのアナウンスも虚しく、ほぼほぼ密室状態で決まっていく気がします。
またくだらない週刊誌ネタでは橋本さんの疑惑なども取り沙汰されており、ふさわしい=実力を具備するとはある意味違うのではないかと思いつつ、東京オリパラを成功させないことには日本としての存在意義が問われかねません。

清濁併せ呑む、水清くして魚住まず、などのことわざもあり、あまり好ましいとは思えませんが、時としてこのような人物や事柄がないと理想論だけを打ち出しても物事は進まないことがあります。
協力して成功させる機運を高めていかなければ、開催はもう危機的な状況と思うのですが。。。

2021-02-18 08:56:18

コメント(0)

コロナワクチンは受けた方が良いのか?

院長の舩崎です。

日本でもやっと本日から医療従事者を対象としてコロナワクチンが実施予定であります。

そこで話題になるのがワクチンを受けるかどうか?
あくまでも任意であり、強制ではないのですが、国民が抗体を獲得するという意味では受けないと意味がありません。
一気に抗体を獲得していきませんと、ウイルスは変異を起こして、やがては抗体に抵抗を持つものも出現してくる可能性もあると言われています。

コロナワクチン接種を希望しない人もいますが、やはり製造開発経緯や、未知の副反応に対する拒否感、つまりは感情論で受け入れがたく思っている人がおりますし、コロナは罹患しない限りはまだ自分の足元に近づいている感はありませんし、もしかしたら終息するまでかからない可能性もあります。ところがワクチンに関しては希望すれば必ず相まみえるものですので、我が身に降りかかる度合いが異なります。

実際世界で最も実施数が多いイスラエルなどでは感染者数の減少が確実に現れており、ワクチンの効果が実証されています。
しかも我々がこれまであまり抵抗なく受けてきたインフルエンザワクチンの有効率が50〜60%程度であるのに比べ、コロナワクチンは90%以上の効果があり、有効性も非常に高いことが明らかです。

ワクチンに限らず薬剤、食品なども必ず特定の方に合わないものがあり、中には重篤な症状を呈することがあります、特に日本では子宮頸がんワクチンの例がありますので、感情的にワクチンの摂取に抵抗がある方も多いかと思います。
罹ってしまうと人によってはかなりの後遺症で回復後も苦しんでいる方がお出でのことも考えると、私は受けることにしております。

今回のコロナワクチンは医療従事者が優先ということではありますが、いまだにスケジュールははっきりしていませんし、コロナ医療で最先端の医療従事者が実施し、その後でということになろうかと思いますので、接種はもう少し先のような気がしますが、皆様よりは先だと思いますので、摂取した状況などを報告する機会があればまたブログにアップしようと思います。

2021-02-17 09:02:59

コメント(0)

内容を見てみたら

院長の舩崎です。

私は体質的にアルコール飲料、つまりは酒類がダメで、その代りに飲んでいるのがコーラ。
ですが、皆様もご存知の通りこの手の飲料にはびっくりするくらいの砂糖が含まれております。
良い歳になった私は、コーラばかり飲んで、さらには代謝も落ちて、出ていくお腹を見て、これはどうかしないといけない。。。と、思いついたのがただの炭酸水。これは基本水に二酸化炭素を溶かし込んで例のシュワシュワ感を楽しむものですが、比較的安価ではありますが、たくさん買うと重い。いっぺんには飲まないので、最後は気が抜ける。カラ容器の始末がある。などなどが理由で、市販の炭酸水メーカーを購入。

で、当初は面白いので、比較的飲んでは作り、作っては飲んでいたのですが、正直ちょっと飽て来てきました。
そこでまたまた市販の炭酸水に加えるフレーバーなるもので、若干趣向を変えてまた楽しもうかと、商品を探しました。
で、比較的よく出ているというレモンフレーバーのものを探して、いざ購入する、まさにその瞬間に内容物に目が行きました。
読んでみますと、グリセリン、プロピレングリコール、香料。。って、まともなものはひとつもないではないか!
大体にしてグリセリンやプロピレングリコールなどまさに不凍液を作るためのモノで、こりゃ車のラジエターに入れるんかい?という、相当希釈しますし、これらは安物ワインなどにも添加されてはいますので、どうかなることはないのでしょうが、曲がりなりにも健康のためにコーラを控えるために炭酸水を飲みましょうという趣旨に相容れない気がして、結局ナンチャラフレーバーは購入を断念。まだレモンでもちょいと絞って入れた方が良さげでありますw

2021-02-16 08:53:56

コメント(0)

感染者数は減っては来ていますが、、、

院長の舩崎です。

東京主要都市、ならびに全国のコロナ感染者数はここのところ減少傾向が見て取れるようです。
PCR検査などの実施数によりますので、必ずしも正確な数値が反映しているとは言えない部分がありますが、それを差し引いても減少傾向にはあるようようです。

さらには医療従事者が対象ではありますが、ワクチン接種が始まります。(コロナは風邪だと言って公共の場でもマスクをせず、顰蹙を買った方々がお出でですが、この方もワクチンはお受けになるんでしょうね?)
今回のワクチンは従来のものより遥かに効果が高く、想定でも9割以上だったのですが、実際接種後の効果も9割を維持しているようで、これで一気に終息へと向かっていって欲しいものだと思っています。

ただし油断するのはまだ時期尚早で、ワクチンで体内に産生された抗体がどの程度の期間作用するかなど、また感染者数減少やワクチン効果と相まって安心が故の油断から、再感染の勃発や現ワクチンが無効な変異株が台頭してこないとは言い切れません。(ちなみに変異株に合わせてワクチンを改良するのはそう大変ではないということです)

要は円滑かつ迅速に国民全体にワクチンが行き届くことですが、私の意見としては皆で抑制していかないと意味をなしませんので、できる限り多くの方が接種をされることが良いのではと思います。

2021-02-15 08:43:57

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
uuu