TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ

ブログ

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

排水口の犯人

院長の舩崎です。

排水口とは洗面台の排水口で、プールなど大規模施設のものではありません。従いましてヒトが吸い込まれたと言うような話ではありません。

で、いままでも排水口の流れが悪くなり、パイプの流れを回復するモノを買っては流していたのですが、目に見えた効果が段々なくなってきました。これで私は排水口のパイプを塞ぐ犯人を歯磨剤と睨んだのです。いろいろな歯磨剤がありますが、私が使っているのは私のクリニックで使っているやつで、あえて商品名は出しませんが、通常のものよりペースト感べったりというやや粘性が高いものであります。要はこれがよく流れきれないで、残ったものが鍾乳石のように次第に積層してきてパイプを閉塞して言ったという推測を立てたのです。

パイプの中は見えませんのが(外す気力がありません。。。)中でこびりついている歯磨剤をまずは柔らかく、、、と思ったのですが、パイプ内は下水から上がってくる臭気をカットするために水が溜まっているんですよね。ですので中でカピカピになっているワケではなさそうです。で、よくあるラバーカップでパッコンパッコンやらかしましたが、期待していたほどの効果もありませんでした。とりあえずこの日はパイプ洗浄剤などを流して、様子を見ることにしました。

で、某日。ワタシ的には結構いろいろやったにもかかわらず、満足な流れは得られてはいないようです。こうなったらやはりパイプ部を一度外して。。。と、めんどくせぇ〜など思いつつたまたま排水口の止水栓(レバーやノブなどで上がったり下がったりして排水口を開け閉めする部分)のところを見ましたらココに誰かさんの髪の毛がびっしり絡まっていました!

そう誰と言わずもがな犯人は私の毛髪だったのです。しかも排水栓の塞ぐ部品のところに絡みついておりますので、今まで奮闘してきたラバーカップや洗浄剤の攻撃を見事にかわして来たというわけです。
これを竹串で引っ掛けてとりましたら、まぁたくさんおいでになりました(私は長髪ですのでなおのこと。。)
で、一通り取りまして、水を流したところそりゃまぁ最近になく、すいすいと流れてきました。
犯人は歯磨剤でなく、私の毛髪だったというわけです。ハイ。

2018-10-22 08:59:23

コメント(0)

消費税の趣旨

院長の舩﨑です。

消費税が来年からいよいよ10%に上がるようです。付随していろいろ上がることが想定されますので、現行の8%の上乗せ分の2%上昇以上の負担感が来る感じがしてなりません(得てして便乗?値上げが多いです)
今回の消費税上昇の良い点は計算が楽だ、というつまらない点ただ一つしかありません。

そもそも社会福祉等含め財政が困窮しているとのことで税率を上げるのですが、根本には少子化で税収に限りが見えてきたということも原因の一つと言われてもいます。

だったらもう少し真剣に少子化対策をしろよ!と言いたいですし、低収入層に現金の一時金で手当を施すとか。。。なんで一時シノギの目先の飴玉政策しか頭に浮かばないのか?逆にこれは国民を馬鹿にしている感が拭えません。

無いなら取れよって、江戸時代に逆行でしょうか? 個人的には消費税率は抑えて、景気循環を促進した方が健全な税収が得られる気がするのですが、妄想でしょうか?
必要なのは理解しておりますので、反対しているわけではありませんが、経済活動は総じて萎縮しますし、我が国は消費税率上昇のメリットが今ひとつ実感できないんですよね。マジにあ〜あ、です。

2018-10-20 08:52:10

コメント(0)

英語でチャット

院長の舩崎です。

某装置の温度センサーを管理するソフトを入れたのですが、装置と接続してもウンともスンとも。。。
ホウボウ訪ねたのですが、全く埒が明かず。

ただ対応は非常に細やかで、最終的にはチャットでやり取りしながら設定をあれこれやっていきました。チャットとはオンラインのリアルタイムの会話で、送ったり受けたりするのに少々時間がかかるメールとは若干異なるものですが、LINEとかもそんな感じですかね。

で、このソフトは外国のオーストリア製。当然英語でのやり取りとなります。指示を仰いで、設定したどうだこうだとやり取りするのですが、非常に面倒です。結局2時間近くやり取りした挙げ句、やはり動かず。。。
結局接続するケーブルに問題があるようだということになり、本日新品を用意して再度チャレンジ予定。どうなることやら。
ちなみにチャットは聞き取らないで良い分、会話よりは気が楽ですw

2018-10-19 08:55:25

コメント(0)

大学におけるミスコン

院長の舩崎です。

今日のブログは多分に私の独断と偏見が入りますが、先般慶応大学のミスター慶応なるファイナリストが犯罪を犯したニュースが報道されていました。20歳を超えておりましたので実名で報道されていましたが、顔の画像を見たときこれが慶応の学生か?と思わざるを得ませんでした。

はっきり言ってこのようなクダラナイことは止めた方が良いに決まっています。実はアメリカなども古くからこのようなコンテストはあるので、日本は馴染まないとは言えませんが、学生の本分と言ったら勉強でしょう。となるのではないか。。。
あるいはそんなことを言っているので、学生のビジネスチャンスを潰しているなどともいえるのですが(これきっかけで芸能界入りをするヒトもいないとは限りませんからね)

しかしてこれは私個人の僻み根性から発生するものではないかとも思いますが、おそらく当然学生にもそのような感情はあるはずで、ノーベル賞を取るような才能の片鱗を見せているのとはやや趣旨が異なりますので、争い事や犯罪(今回のような性犯罪)の元になる可能性も高いと思われます。
それからするとこの前、京大の吉田寮の取り壊しに反対していた(ちょっと左派系?)学生の方がまだワタシ的には親近感があります。ハイ。

2018-10-18 09:05:26

コメント(0)

コーヒー生豆の匂い

院長の舩﨑です。

伏線のようにコーヒーネタですw

みなさんはコーヒーといいますとアノ芳しい香りの飲み物を想像されるかと思いますし、その焙煎された豆も同様にかぐわしい香りのものであろうと思っておいでかと。特に最近は豆から買って、家庭で挽いてコーヒーを淹れる方もおいでだと思いますので、まぁコーヒーがよい香りであることには異存がないかと思います。好き嫌いは別にしてですけどw

で、その焙煎する前の状態。生豆と書きますが、これは「きまめ」ではなく「なままめ」と読むのが正解なのですが、これの匂いはそこそこひどいです。ですので香りでなく匂い。臭いと書こうかと思いましたが、少し手加減することにしましたw
これを嗅いだことがある方は少ないかと思いますが、ふつ〜はまぁ臭いです!どんな感じかと言えば足が臭い人が数日履いた靴下のニオイ、といえば想像できるでしょうか?

それが焙煎するとあのかぐわしい香りにと変化しますので、なんとも不思議な現象です。実際に香りの成分というのはガスクロマトグラフィーという方法などで分析するのですが、数百以上の成分からなっているそうで、これこそ自然の妙と言ってもよいかと。まぁ人間もよく見つけ出して上手く活用しているものです。

生豆のニオイは臭いと思っていたワタシに少々驚くべきことが合ったこともあります。とある品種の生豆は焙煎しない生なお状態でもあの靴下臭がせず、すでに芳醇な香りを醸すぞよ!というまさに船団はファタ場より芳し、状態のものがあったことです。要はスペシャルティーコーヒーと言われるもののひとつですが、品種改良や生育法、精製法、焙煎法などでその素晴らしいコーヒーが今や普通に提供される時代になっているのです。素晴らしいことです、ハイ。

2018-10-17 09:12:24

コメント(0)

特に歯科で新規開業をする人に

院長の舩﨑です。

開業をするのは、ほぼ歯科医師の方であろうと思いますが、いま医学部では女子や浪人生は入試選考時にすでに点数操作等があり、不利益を被っているといいます。もしあなたが女性、もしくは多浪生であれば、以前から当然のように行われていた国試の差別であろう不利益を見事に克服合格されたことを祝します。

素子で研鑽を積まれ、いよいよ開業に漕ぎ着かれたわけですが、皆さん苦労するのは歯科衛生士の募集。.....いませんよ。新規開業であれば特に募集は難しいと思われます。あなたが運良く歯科衛生士を採用することになっても、最近の処遇はかなり高額です。開業をどのような状況でされるか分かりませんが、新規開業であれば、やっていくうちに不足分が次第に判明したり、新しい診療機器などを購入しないと集患が弱かったりと、そもそもの診療収益が少ない頃からすでに多々支出が始まります。もしテナント等であって、古い建造物や居抜き物件であれば、そこそこ修理代の発生が発生することを覚悟しましょう。

また来年は消費税率が上がります。非課税である保険診療は残念ながら消費税率上昇分をまったく考慮されないでしょう。
ほぼほぼ横ばいの保険点数、すなわち収益に対し、支出となるものは驚くほど多いということになるのです。

ですので、もし歯科医師になってあれもこれも買いたい、欲しい物が手に入ると持っていた人、まず無理です。
あなたができることはあなたの目の前においでくださった患者様を誠実に真摯に診療することからです。これの積み重ねが医院の将来を左右するのです、ハイ。

2018-10-16 08:58:03

コメント(0)

コーヒー

院長の舩﨑です。

コーヒーが飲み物があまり抵抗なく?受け入れられるのに対し、コーヒーを飲むと眠れなくなる、胃が痛くなる、そもそも嫌いなど、様々な好みや意見が多く反映される不思議な飲みモノであることは確かなようです。

かつては発ガン性があるなど取り沙汰されていましたが、最近ではむしろ健康寿命に関わっていることも分かってきて、むろ飲むことを推奨されるほど人って来ております。
さらには従来の苦いコーヒーから、おおよそコーヒーらしからぬ、シトラスやレモンジャスミンなどのアロマやフレーバーなどのコーヒーなどもあり、その意外性にコーヒーが飲めるようにんったという人も少なくないようです。

ちなみに私はコーヒーは好きでしたので、普通に飲んでいたのですが、この頃の普通というのはサイフォンという器具で淹れるか、ドリップという器具で淹れるのどちらかなのですが、あまり手間を掛けずに抽出できるという点で、ほぼドリップで入れていました。

そんな私が衝撃を受けたのがエスプレッソ。これはコーヒー豆を細かくグラインドして、高圧で少量の湯で抽出する式のコーヒーなのですが、そもそもエスプレッソ=苦い、というのがほぼ定番で実際にエスプレッソ用の豆は結構深く焙煎してあるのですが、これを凝縮して抽出するのですから、そりゃあ苦いですね。
それが最近はブレンドをしていない一つの品種の豆をアロマフレーバーが際立つ程度の焙煎で、抽出したエスプレッソが台頭してきており、これは単に苦かったそれまでのものと一線を画するモノで、少なからず心が動かされてしまいました。
ただこのエスプレッソという抽出方法は一番お金がかかる方法で、エスプレッソマシンが必要ですが、それ以上にエスプレッソ用に豆を挽くグラインダーが必要なのです。ところがコーヒー大手のネッスルがカートリッジに入った豆をセットして簡単に抽出できるモノを販売して以来、エスプレッソがずっと身近になり、当然毎日飲めるようになりました。しかも豆もかなリ高品質のものを使っているとのことで、それまでの苦いエスプレッソとは一線を画するモノでした。
これ以降ワタシのエスプレッソ遍歴が始まったといわけですが、これは前振りで次第にブログで明らかにしていきます。ハイ。

2018-10-15 11:34:28

コメント(0)

驚く?ことに。。

院長の舩﨑です。

みなさんもお感じられたかと思いますが、昨日は朝から少なからず冷え込みました。
個人的データからすると2週間位早い感じです。まだ戻りがあって暑くなる日もあるでしょうが、あの暑かった夏は確実に通り過ぎて行った感じがあります。年月の経つ速さに驚くばかりです。私だけでしょうか?w

来年、天皇の退位、新天皇の即位で10連休になるのだそうです。10日休みというのは月の3分の1休みだということで、休みに関してだけの話をすれば素直には喜べません。法的に休みになったといえば休みになるのは結構なのですが、10日あまりも診療をしないのは、病状急変や技工に著しい支障をきたします。まだ独自に診療をすればよいのでしょうが、スタッフにはまた曲げてお願いする形になりますので、院長としては辛い話です。ハイ。

2018-10-13 08:46:19

コメント(0)

抜歯、抜歯、抜歯

院長の舩﨑です。

歯科医師になりたての頃、どういう治療をしていくかまだ何も分からなかった頃からすると、いまでやってきたことにより時分の得意とするところがわかってきました。これはどういう業種でも同じですので、エラそうに書くのも憚られるのですが、多少んりとも自分的には意外だったなということがあるんです。

それが表題にも書きましたが、抜歯なんです。
私の持つ抜歯のイメージは医療行為と言うより、古来拷問で使われたり、麻酔が十分発達していなかった頃には歯を一つ抜くのも命がけだったなど、良いイメージはありません。どちらかと言えば野蛮な行為としての認識があったくらいです。
特に歯科診療は証拠が残る医療行為が多い中、抜歯は事故がなければある意味証拠が残らない医療行為であって、しかも患者様からはあまり歓迎されない医療行為でもあるのです。

それがまさかいつの間にか得意な医療行為になっていたとはw
これは自己満足でそう思うのではなく、抜歯依頼や歯科医院を数件回って断られ、挙句の果ては紹介先の2次医療機関でも躊躇され、などというのを引き受けております。もちろん自分の力量は心得ておりますので、自ずと自分の守備範囲というのは見えてきます。それでも今のところはお受けしたケースに関しては、事故もなく、というより最小の外科的侵襲(腫れ、痛みなど)で済んでおりますので、少しでも患者様乗りするところになればと研鑽を怠ることなく研鑽を積んでまいりたいと思います。
でも、言っておきますが、結果得意になった、と言うだけで必ずしも好きな処置ではないんですよねwハイ。

2018-10-12 08:54:50

コメント(0)

Macの電源コネクター考

院長の舩﨑です。

今回は超極々少数派のMacコンピュータに興味がない人にしかわからないネタですw

ちなみにMacとは元祖スマホのiPhoneでお馴染みのアップルコンピュータが元々作っているパソコンですが、当時パソコンと言うとWindowsパソコンを総じてパソコンと言っており、我々Mac派にとっては、Macがそれを指し、パソコンとは区別していたのですが、製造元のアップルもアップルコンピュータになってしまいましたので、我々もMacもパソコンと言う言葉を使うようになりました。

さらにちなみにですが、MacというのはもともとMachintoshなのですが、これはオーディオメーカーにも同じ名前があり、当時は商標登録の関係で、名義貸し料のようなものを払ったなどと言う話も聞いたことがありますが、いまはただのMacになっていますね。

さて、このMacなのですが、ノートブックタイプは電源供給のところがそれまでは「マグセーフ」という磁石でくっつくタイプで、ちょうど家庭用の加熱調理器の中にもこのような仕組みのモノがありますので、どのようなものかはおわかりいただきやすいかと思います。目的はこの部分に磁力を超えた強い力が働くと、プラグが外れて事故を未然に防止する昨日なのですが、Macの場合はプラグ基部の破損防止が目的なようだと思います。

2世代前の旧Macはこのマグセーフが、横方向かたひっつくタイプでパソコン本体からの出っ張りが少なかったのですが、1世代前の旧Macは縦方向に付く形状になり、個人的には出っ張りが気になっていました。

で、この前10年以上使ったMacbookProというパソコンが流石にオシャカになり泣く泣くリプレイスしました。今回の新しいMacはUSBのC型プラグで、データのやり取りも電源の供給も一つで行えるタイプになっていました(って、そんな事はすでに知っていましたけど)。

結果本体側のこのような穴が2個しかなく、ある意味スッキリ。昔はデータポートと言われるコネクターや穴がたくさんあるのが高性能な証のような時代があり、これみよがしにボコボコに取り付けてあったものですw

しかもこのCタイプコネクターというのは大きさも小さく、本体に挿入する形状なのですが、もし引っ掛けてしまって運悪く抜けなかったらコネクターごと折れてしまいそうな感じがしてなりません。引っ掛けても取れていたマグセーフからするとややも危なっかしい感じが否めませんが、その辺気をつけて仕事のパートナーとしてまた使い倒して行きます。よろしくMac!

2018-10-11 08:51:46

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
uuu