TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ

ブログ

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

元を辿れば。。。

院長の舩崎です。

女性の足元を美しく見せるための靴。その靴のかかとが高いハイヒールですが、このハイヒールの起源?できた理由をご存知ですか?

では、みなさんも恐らく知っている別のものを上げて、ちょっとヒントにしてみましょう。
香水といえば思い浮かぶのは恐らくフランスだと思うのですが、よく色香に惑わされるという言葉もあるように、香りというのは女性(男性もですが)を一層魅力的にするための一つのアイテムになっていますが、元々コレは入浴する習慣のなかったフランスで、体臭を隠すために使われ出した、というのが理由のようです。
理由を知るとエレガントさなどなくなってしまいますねw

さて、ハイヒールですが、当時のフランスはトイレという確立した排泄物処理法、場所がなく、専用の容器に用を足したあとは、そのまま窓から外に捨てていたそうで、花の都パリなどという言葉もあるそのパリも、いたるところに糞尿がバラ撒き散らされ、実に不潔な街だったようです。

もうお分かりですね?
その糞尿をつい踏んづけても大丈夫なように高い靴を履いて、足に付くのを少しでも避けるために発案されたと言うのが、もっともな理由だそうです。
両者ともオシャレ必須アイテムではなく、元は話を聞くとがっかりしそうなことが発祥の理由なようです。
本日は歯科とは全く関係に話でしたw

2020-12-03 08:54:26

コメント(0)

ナント言ってよいのか。。

院長の舩崎です。

歯科衛生士は常に人材不足で、何処の医院も求人にはいつも苦労をしています。
また女性である以上、いつかは結婚や出産等で休職や退職することも考えると、経営上は少しゆとりのある人員を確保して置くことは必須であると考えます。

また私にキライな働き方改革により、週の労働時間の上限のこともあり、復職者も揃えたシフトを組むのですが、最近このあたりから不協和音が聞こえてきているようで、上手く行っていないようです。。。
皆が良いように、労働法規も遵守して、経営者としては一応ひと安心していたつもりが、実はそうではなかった、らしいようです。

私どもの医療は阿吽の呼吸で進めていきませんと、時間内に間違いなく診療を終えることが困難になりますので、意思疎通は非常に重要と考えるのですが、雇用確保のために私は常に過労気味。スタッフは法に従って週休2日で有給も取り、かつての労働環境からすれば、個人的にはアリか?と思うような気も正直なところしています。

私自身を巡る環境かもしれませんが、働き方改革以来、心の安寧がありません。。。

2020-12-02 09:01:15

コメント(0)

今日から遂に12月

院長の舩崎です。

今日から12月なのですが、別に私だけ12月になったわけではありませんが、今さらながらに月日の経つことの速さを感じずにはいれません。

今年は2020年という区切りの良い?年で、オリンピックや国体など、日本は、鹿児島は賑わうはずでした。そのような中で還暦を迎えるのは、ある意味光栄なことになるはずでした。

その2020年もあとひと月で終わろうとしております。
願わくば、残り僅かが無事に終わり、来年こそは良い年になるよう心より願うものです。


 

2020-12-01 08:48:55

コメント(0)

LED化

院長の舩崎です。

昨日日曜日は友人歯科医に頼まれて、診療室と居宅の蛍光灯をLEDに替えました。

ひと頃LED蛍光管は非常に価格が高く、節電効果や長寿命と言うことを合わせてもおいそれと導入しがたいものでしたが、最近は中国製品などの台頭もあり、かつてを知るものとしては考えられないくらい安価になりました。中には作動不良を起こすものもありますが、元が安価なので躊躇なく交換もできますし、交換のメリットは大きいかと思われます。

最近では簡単に交換できるものもありますが、蛍光管を点灯させるための安定器は、ただ管を交換しただけでは電気が流れていて、真の節電にはなりませんし、元よりラピッド式の蛍光灯は管を交換しただけでは点灯もしません。

一応知識があって器用な方はそう困難な作業ではありませんが、器具の配線からやり直す分には電気工事士の免許が必要で、ここでも早速役に立っているという次第です。

ひとしきり交換を終え、改めて点灯してみますと、やはり明らかに明るくなっています。
友人も喜んでくれて何よりでした。

2020-11-30 11:50:11

コメント(0)

ええ、僻(ひが)みです

院長の舩崎です。

私とて時々病院にはかかります。
最近では血圧が上は200を超えますので、降圧剤を処方して頂いております。

一応経営者で、スタッフやクリニックの経営のために、まだ倒れるわけには行きませんが、これは下がりませんなぁ。
この血圧を記録したときも特段頭がどうかするわけでもなく、調子の方は特に変わったことはありません。むしろ皆様が平常である120とかに下がりますと、ふらついて気分が悪いです。

という私の話はさておいて、診察を受け(←これとて歯科の私からすると羨ましほど簡単)、処方箋を受け取り、薬局で薬を受け取るのですが、明細を見ますと調剤基本料、調剤料、調剤加算料となんだかクソのように点数が打ち込まれています。もちろんこれにいわゆる薬代である薬剤料が入って総支払額となるのですが、私のは特に薬剤を配合するではなく、PTPシートと言われる皆様もよくご覧になったことがあるはずの錠剤が入ったプラスチックのシートを日数分、薬袋に入れて渡されるだけです。

すぐに比較してしまいますが、奥歯のなかなか器具の届かない根管治療をシコシコと30分近くかけて苦労して、時にはいつまでかかるのかと、お叱りを受けながらも治療する、その汗水垂らした点数よりはるかに、高いではないですか!

全国の薬剤師さんを敵に回すようですが、指先に神経を集中させて行う処置と、薬を袋にポンポン入れるだけの、その点数(費用)にあまりにも公平さを欠いているような気がしてなりません。歯科医はたいてい腰が痛いやら肩が痛いやら、肉体を酷使して処置を行うその対価に比べてあまりにも、報酬が低い。いや日本は財政難らしいので、薬剤処方料が高い!
って、嫌でもひねくれてしまいますし、処方を受けるたびにさらに血圧が上がりそうです。。。
(もちろん歯科で治療を受けられて高い!と思われている方もおいででしょうけど)
 

2020-11-28 22:10:13

コメント(0)

インプラントの寿命

院長の舩崎です。

私がインプラント治療を手がけて約30年になろうとしておりますが、自信を持って治療したにもかかわらず、インプラント周囲炎を起こして、リカバーをしなければならないもの、一方20年近くになっても全く周囲骨の吸収傾向も見せず、依然健常に機能しているものなど、予後が様々です。

口腔内清掃状態が悪ければ、もちろん持ち具合は悪いであろうことは容易に想像できますが、多くの方はきちんとケアをされており、その中で予後の良い方とそうでない方に差があるのが気になるところです。

これは当院に限ったことではなく、おそらくはある一定頻度で起こっているものと思われますが、あるデータによると一つのピークは5年目くらいにあり、これを問題なく経過した症例に関しては、そのまま長期に安定して機能しているというデータもあります。

インプラントは治療に外科処置を伴いますし、埋入してから咬合機能を付与できるまでに数ヶ月は必要ですので、治療費も治療期間も患者様にとって負担を強いられる治療であります。それが5年かそこらでダメになったのでは、納得しがたいものがあるかと思います。

以前にも書きましたが最新のインプラントはコツとの接触面積を増すために、表面に超微細な凹凸加工が施されております。これのおかげで、以前よりも骨結合能は向上し、適応範囲・部位も拡大してきました。同時に術式も高度化していることも確かですが、同じような状態の症例に、同じように処置を行っても予後には差が生じることも珍しくなく、これを解決できればさらに優れたインプラント治療ができるのではと思います。

当然10年ももななかった症例については材料費費の一部負担等などで対応させていただいておりますが、インプラント=半永久的処置ではないことを念頭に選択してだければと思います。

2020-11-27 08:53:25

コメント(0)

診療基準

院長の舩崎です。

診療は、保険診療の場合は保険の治療のきまりがあり、これに従って診療をしなければなりませんが、これとて選択の余地が無いワケではありません。
簡単な例を挙げるなら、状態の悪い歯があって、総長持ちしそうにない歯があったとします。一般的には歯科医はこおような歯はおそらくは抜歯を選択するでしょう。もちろん私もそういう場合は第一選択は抜歯です。残念ながら私が神の手を持っており、抜歯をしなければもう手の施しようがない歯を治療して健常な状態に治せる腕は持ち合わせていません。

ただどういう歯でもそれなりに患者様にとってはストーリーがあります。中にはあまり関心がなかったりで、二つ返事で抜歯に同意する方もおいでですが、残りの本数が少なくなるというので、悪いながら保存を希望される方もおいでです。
そのような方の気持ちを置いて抜歯をしますと、あの歯医者に歯を抜かれた、という表現になります。
また状態が悪く、痛みのあまり抜歯を希望されていて、投薬を行ったところ痛みは消えて、抜歯のつもりが躊躇され始める方もおいでになることがあります。

私は、症状についてはその方がわかりやすいように十分説明をします。当然抜歯をしなかった場合は、どうなるかも含めてですが、それでも患者様が抜歯を希望されない場合は、そのまま治療をすることはありません。(よほど重篤な症状に関わる場合は別ですよ)

私は診療は患者様と一緒に進めていくものだと思っておりますので、まずはコミニュケーションを取ることが必要で、私なりの診療を押し付けて進めることはしなせん。傍からみれば、何やこれ?と思われることもあるやもしれませんが、あくまでも患者様の気持ちに寄り添って診療を進めていっております。

そうやっているうちに自然患者様も信用してくださいますし、基本診療は円滑に進んでいきます。
歯科医もスキルがあるとどうしても、それで半ば強引に診療を進めてしまうことがありますが、その辺は歯科医のカラーということになると思います。
私は治療に訪れた医院の方針に最後まで従わないといけないとは全く思いません。もちろん私の考えが優れているとも思っておりませんが、少なくとも多くの患者様がおいでくださるのは、少なくとも患者様によろ沿って診療をしているつもりで、それを評価していただいた結果だと思っております。ハイ。

2020-11-26 08:55:57

コメント(0)

本当はアフターコロナ対策だったはずなんですけどね

院長の舩崎です。

最近のコロナ陽性者の増大を受けて、Go to~の見直し、が検討されています。

医療上の予防策と経済対策はまさに両刃の刃ですので、どちらかを優先するとどちらかが窮地に陥り、まさにバランスを取るか、もしくは思い切った策を講じなければいつまでもダラダラと状況が続くことが懸念されます。

その中で、少々不可思議に思うのがGo to~キャンペーンと銘打った経済救済策。
私の記憶が正しければ、これはコロナ禍が終息し、疲弊した経済を再度復興させるために発案された策ではなかったのかと。

おそらくは政権の中心人物が各経済団体の陳情を受け、前倒しに始動し始めた経済復興策で、旅行業などすっかり疲弊した業種関連が、これで少しは持ち直したとか。基本的には感染対策を十分に行った上で、というのが前提ですが、異論を唱える人もいるでしょうが、これで感染が拡大する方向に向かったのは確かなことだと思います。

各人は感染対策をきちんと実行しているつもりでしょうが、先のブログにも書きましたように、どこか不十分な部分があると、感染予防の見地からすると、やらないよりはマシ程度にしか過ぎません。
例えば、TV番組では撮影スタジオで収録しますが、まぁ換気の状況はわかりかねますが、お笑いバラエティー番組など、感染防止のつもりでしょうが、いわゆるソーシャルディスタンスを取り、アクリル板などで衝立を設置しておりますが、興が昂じてきますとタレントさんなどは身を乗り出し、大声で喋っていますし、周囲のタレント、スタッフ、観客?も大声で笑っていました。これでは何を対策を講じていないよりマシ、どころではなく、していないのと変わらないレベルです。

おそらくは番組制作会社のスタッフさんも、完全な?感染防止作のつもりで、セットを設置しているのでしょうが、かえってその不注意・油断が仇となってしまいそうな気がしてなりません。
かつての何も考えず、ただ大笑いをしていたころが懐かしいです。

2020-11-25 00:41:00

コメント(0)

今週は予約が。。。

院長の舩崎です。

今週は昨日月曜が勤労感謝の日で祝日だったこともあり、実に数が少ないことも合わせて予約がすでにいっぱいの状態です。

ただでさえイヤな歯科診療にどうしても行かなくては、という来院動機に痛みが出た、というのがあり、これは対処しないことには如何しようともない辛い事態を招きます。
緊急処置はお受けはしますが、予約いっぱいの状況で、何処からか少しづつ時間を遣り繰りして、診療ができるようにするのでどのくらいお待ち頂ければお受けできるとかはそのとき次第で、全く分かりかねるというのが現状です。

またどうしてもコロナの影響で待合室が混むのを良しとしないご時世ですので、なるべく予約と痛みのない内の日頃の検診をお願いします。

2020-11-24 08:55:41

コメント(0)

私の資格

院長の舩崎です。

本日は私が持っている資格の話。
別に事難しい話ではなく、単に取得した資格のことですが、英検など民間資格もありますが、一応国家資格かそれに準ずるものを紹介してみたいと思います。

まずは当たり前ですが、歯科医師免許。
これがないと診療できませんからね。できないどころではなく、無資格診療で逮捕されます。したがってブラックジャックのように潜りではありませんw

次にこれも在り来りですが、自動車免許。本当は大型とか特車免許も欲しかったのですが、フツ〜免許だけです。
関係ないですが、釣りに行ったときに免許証の入った財布ごと海に落としてしまい、再発行しております。ですので、私の免許証の末尾の数字は1です。おそらく皆様のは0かと。これがあまり多い人は怪しまれるそうですw

そして次は小型船舶操縦士1級。
海が好きで、釣りに行くべくボートが操船できるよう取得しましたが、全然乗らない上、何かと費用がかかるので、いまはペーパー操縦士です。ちなみに私の父は外国航路で、甲種船長を持っております。

他にアマチュア無線士3級と、海上無線士3級を持っていますが、これは友人誘われたためと、先の小型船舶操縦士の免許をとったのに合わせて取得しました。海上では法的に海上無線しか使ったらいけないはずでした。あと何かの事故の際の海上保安庁と通話できる周波数が割り当てられている無線機を使用知るためにはこれが必要です。でも、これらは今となっては全く使っていませんので、単に取っただけ(ちなみにアマチュア無線3級は小学生でも合格の実績がありますが、衰退の一途なようです)

更にお次は少々珍しい潜水士。
これは民間のも持っていますが、当時は原田知世さんが出演した映画「私を海に連れて行って」が大ヒットして空前のダイビングブーム。ミーハーなことが嫌いな私は、民間の認定証では飽き足らず、国家資格である潜水士の免許も取得。ですので、やろうと思えば港湾工事もやることができます。
さっき潜りではないと書きましたが、潜水士を持っている以上、潜りの歯科医でしょうかw

で、おそらく最後(多分他にはなかったかと)
電気工事士第2種。今まで取得した免許の中で、本業の歯科医師免許を除いては一番取得して嬉しかったですし、役にも立っている免許です。ご存知のかたもおいでかと思いますが、コーヒー好きが高じてカフェを造ったのですが、電気工事は間違いがあると感電や火事など生命の危険に関わりますので、無資格施工は罰則があるほど厳しく規制されています。ですので、これを取得しないことには、カフェも造作できませんので、急遽取得しました。試験は筆記と実技ですが、筆記は私のキライな物理的なものが出てくるのですが、合格点に達すれば良いので、最初からこういうところは飛ばし、落とせないところで稼ぐ式で無事通過。この辺は生涯さんざん試験を受けまくって、受験慣れしておりますので、楽勝! 実技は特に大好物ですので、余裕で我ながらキレイに仕上がりました。試験内容は各会場で異なるのですが、私が受けた会場で出題された実技課題は少々めんどいやつで、この会場の合格率だけは微妙に低かったです。
こうして無事電気工事士も取得しましたので、今ではカフェ以外では友人宅の電気工事やエアコンの取付工事などもしております。ハイ。
 

2020-11-23 15:11:03

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
uuu