TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ

ブログ

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

ガソリン価格

院長の舩﨑です。

今日は(も?)歯科とは関係がない話です。

車を利用される方も多いことかと思いますが、最近はまたガソリンの価格が高止まりしているような気がします。
レギュラーガソリンの価格は1リッター¥150円ほどで推移しているようで、安いスタンドでも140円程度。原因はアメリカがイラン制裁を発動して、イランから原油を購入しないように働きかけているのが原因だとか。外交の結果が国民生活直撃というのもありがたくない話です。

思えば1970年代にオイルショックというのがあり、ガソリン価格も高騰しましたが、トイレットペーパーなどもスーパーの商品陳列棚から消えて、日本国民がパニックに陥ったのを覚えています(昭和生まれですからw)
さすがにトイレットペーパーまでなくなるような騒ぎはないことと、物価の関係か当時のガソリン価格も高騰しましたが、今回と違うのは供給制限までは至らないということもあるかもしれません。

また決定的に違うのは「燃費」だと思います。HV車の普及などによりおそらく当時の倍以上は走るような気がします。かくいうワタシは電気自動車ではないですが、PHVという電気自動車ほどの容量はないですが充電池を搭載し、通常は電気で走り、なくなったらガソリンで走るという車です。

これがまたうまくできたもので、ほぼほぼ電気でまかなえております。さすがに県外など長距離を走るときは給油しますが、それも1回給油しますと、福岡までくらいだと行って帰れますし、余ったガソリンもしばらくはなくなりません。で、走行ごとに充電しなければならないわけですが、充電したからと行って電気代が著しく上がるわけでもありません。個人的には走行距離と充電先を常に気にかけてなければならないEV(電気自動車)よりも使い勝手は良いと思っております。

ただこの先、ガソリン価格や環境負荷のことを考えますと完全なEVシフトに移行するのが世界的な流れなのでしょうか?
 

2018-08-17 08:51:34

コメント(0)

歯磨剤にまつわる恐ろしい話

院長の舩﨑です。

みなさまお盆休みはどのようにお過ごしなられましたでしょうか?

やすみちゅういわゆるネットサーフィンをしておりましたら、気になる話がありました。
いまでこそ危険なものであるという認識がされてきた放射性物質ですが、発見当時はその物性がよく理解されておらず、逆に認識不足から来る分からないものをありがたがる風潮もあいまってか、ラジウム入り歯磨剤なるものがドイツで販売されていたそうです。

ちなみに今でこそ放射性物質は使われなくなりましたが、ひと昔前は時計の文字盤が夜でも発行するように放射性物質を含んだ塗料が文字盤に使われており、もちろん当時危険性が認識されていなかったことも相まって、細かい文字を書くため放射性塗料が付着した筆先を口で毛先を整えて書いていたらしいのです。結果ラジウム顎という放射性物質による顎骨の壊死で重篤な状態に陥ったそうです。

ですので、歯磨剤にラジウムが入っているのですから恐ろしい話です。放射能が万能なものに思われていたフシがあり、歯を一層白くして殺菌効果が高かったという効能で売られていたようです。

現在ラドン温泉なるものがあり、これも危険なのでは思って調べましたら、自然に被曝する放射能よりより低線量で、ホルミシス効果と言って、単純にいえば新陳代謝を助ける働きがあるそうで、こちらの方は問題ないのだとか。

私どもはレントゲンを使いますので、放射線とは切っても切れない間柄なのですが、正しい認識を持って使うということが大切だということです。

盆明け後半戦も頑張ります!

2018-08-16 08:53:23

コメント(0)

昨日はいろいろありました

院長の舩﨑です。

今日は8月10日。明日から15日までお盆休みに入らせていただきます。診療開始は16日からとなります。

さてさて、診療しておりますと当然いろいろなことがあります。
昨日は午前中に前歯の調整をしていた患者様が気分不快を訴えられました。顔を拝見すると目に力がなくなっておられ、少々虚ろ。。。すぐに血圧を測定しますが、かなり低下しております。もともと心臓や脳の既往がある方で、万が一を考え救急要請をして、かかりつけの2次医療機関に搬送していただきました。

午後夕方近く電話があり、転倒して口唇を切ったとのこと。
来院いただいて拝見しますと、上口唇のやや左側がかなりパックリ切れております。ご本人は怖くて見ていないとのことでしたが、これはこの状態で見ると結構ショックかも知れません。

早速縫合にかかりますが、まずは創面を抗生剤を溶解した生理食塩水で創面の洗浄と、湿潤を行います。口唇は審美性に関与しますので、赤唇と言われるくちびるの赤いところと皮膚との境界がきちんと整っておりませんと、見た目に非常に違和感を感じます。ですので、縫合開始点を口唇と皮膚を正確に整復して縫合にかかります。粘膜はそう強くありませんので、あまりガチガチに縫合してもよくありません。またゆるいと糸が解けてしまいますので、微妙な加減が必要であります。
約10針以上縫合して腫れてはいますが、ほぼ元の形状に修復することができました。結構大きい規模でしたので、この周辺の神経の損傷等も考えられ、あとは口唇の違和感が残らないとは言い切れませんが、少なくとも見た目の感じはキレイになったかと思います。



 

2018-08-10 09:01:50

コメント(0)

おっぱい

院長の舩﨑です。

今日はちょっと皆様にどう思われるか気にしながらブログをアップしております。
表題ですが、おっぱい。。。
これは赤ちゃんにあげるおっぱい、という意味ではなく女性の胸のことです。

話はちょっと横道に逸れますが、ワタシが子供の頃に行っていた某歯科では、診療器具を胸のところに置いておられました。結構ポンと放るような感じでしたので、胸の上に僅かではありますが、衝撃?を感じたのを覚えております。
以来私はこれはあまり良いことではないと思い、開業してからも一度として患者様の胸の上に器具を置いたりしたことはありません。ましてやこれが女性であれば、器具を取ったり上げる際には多少なりと胸に触れてしまうことも無きにしもあらずです。
最近のこと、これでセクハラ歯科医になってしまったのでは大変なことでもあります。

しかし世の中の女性の胸、すなわちおっぱいの大きさも多種多様で、中にはかなりの大きさの方もおいでになることがあります。そんな方の場合、もうめっちゃ気を使います。仮に型を取るために奥歯の歯を削らなくてはならないときは、どうしても私の上体を傾けて、覗き込むような姿勢を取り、それでター分という切削器具を操作するのですが、ともすれば集中するあまり肘が、その大きな胸、おっぱいに当たりそうになることがあるのです。そういうコトがあってはなるまいと、口の中の歯にも、自分の肘の先にも、注意しまくりでホントに疲れます。。。w

診療に関しては歯科医である私がしますので、この事は以前から気になっていたのです。
ところがスケーリングをするときは歯科衛生士が行うのですが、この場合も奥歯のあたりは結構覗き込まないと除石できないよなぁ。。と思って歯科衛生士に聞いてみましたら、なんと! 「ハイ、結構バンバン当たりますよ。」って、オイっ! 当たってんのかよ?当たらないように気をつけんのか?と、聞き返しましたら、「そうですねぇ、女性同士なんで気にならないのかもですね」 って「。。。」
ハイ、男性であるワタシは気をつけ続けます。。。

2018-08-09 09:33:05

コメント(0)

嗚呼、大川家具

院長の舩﨑です。


数年前に父親である大塚勝久氏と取締解任劇の末、新たに取締についた長女の久美子氏。当初は大塚家具に新しい風が吹き込んで社風も変わって、と思っておりましたが、最近になってどうも風向きが相当怪しい様相を呈しております。

久美子氏は父親が行っていた高価格の家具をお得意の顧客に担当営業者が張り付いて説明販売を行うスタイルから、低価格帯で広く顧客を取り込んで販売する戦略を考えていたようですが、実際はそうは行かなかったようです。

考えるに家具などというものはそうそう需要があるものでもありませんし、一旦購入しますとそう簡単には買い替えません。ある意味需要が限られています。またそのような環境の中、IKEAやニトリなど低価格である一定レベルの家具を販売する店舗が台頭しており、家具販売を取り巻く環境は一層変化して行っていることになります。

この数年前の解任劇の際には、旧態依然とした父親から、新しい業態への変革をもたらす騎士?として久美子氏を応援したいような気もしていただけに、今回の大塚家具の状況は気の毒としか言えません。

大塚家具のブランドは高級家具というイメージ戦略を踏襲してきましたので、低価格帯に舵を切ったところで、多くは高いというイメージしかいだきません。逆に今まで価格もですがある意味良い家具を求めていた顧客には、この販売戦略転換は受け入れ難いものであったろうと思います。

われわれの業界も全国レベルではホテルか城かと見紛うような建物で、高級?な治療をしている医院もありますが、ワタシとしては医療は高度な福祉であり、皆平等という考えです。それが良いのか悪いのかわかりませんが、今日もフナサキはそこそこ忙しく診療をさせていただいております。ハイ。

2018-08-08 08:58:54

コメント(0)

Aさんの場合

院長の舩﨑です。

先日久しぶりにAさんがお出でになりました。
どうやら噛むと歯が痛いようで、お困りでお出でになったようなのです。

右が噛みにくいので左を使っていたら、ここが痛くなり、仕方なく右を使ったら、ここと上の前歯が痛くなり、どこで噛んでも痛くなったというものです。

この話を伺ったときに、今回の状況になることは数年前からわかっておりました。そのことはAさんにも説明はしてあったのです。

Aさんは筋肉質で比較的体格もよく、しっかりした顎をしておられる方ですので、咬合力は強い方です。最初に悪くなった右下を抜歯したときに咬合を維持して、崩壊していかないようにするために治療をということで、インプラント治療も提示しましたが、このときは義歯にされ、結局その後使わずじまいで、当日に至ったというわけです。

こう状況の場合、インプラントは非常に有効で、咬合崩壊を未然に防止できますし、それに伴う治療も当然発生しません。何よりもQOLという言い方をしますが、生活そのものがしっかり噛むことができることにより、快適に過ごすことができるのです。

インプラントはたしかに安い治療費ではありませんが、最初ですと1本の埋入で済みますし、治療費も拡大していきません。このような状況を考えると、あのときに選択しておいてくだされば良かったのに...と、残念に思います。

2018-08-07 09:00:19

コメント(0)

蝉の声

院長の舩﨑です。

日頃診療室におりますと、外に出ることもなく過ごしてしまいますので、外の様子に頓着がなくなることがあります。
昨日日曜日は水平埋伏智歯の抜歯を土曜日に行った患者様の確認と消毒のために拝見することにしており、朝から準備にかかっておりました。

実は日曜日は休みですので日頃拝見することはないのですが、今回の抜歯は近医では無理と言われて、鹿児島大学病院の歯学部を紹介されて行かれたそうですが、下歯槽神経という神経まで距離が近く、いろいろ後遺症の可能性について説明を受けたところ怖くなって、紹介で当院を受診されたとのことでした。

幸い抜歯自体は比較的早く終わったのですが、このような抜歯ですのでやはり気になって確認のためご来院いただくことにしたのです。

当院の診療機器はエアースイッチと言って空気圧で電源が入る式ですので、まずは一階の駐車場に降りていき、エアコンプレッサーの電源をいれるのです。で、このとき外に出ましたらシャァ〜シャァ〜とセミのなく声がそこら辺に響き渡っておりました。これだけ賑やかに鳴いておりますと、室内でも聞こえそうなものですが、トンと意識したことがありません。

診療のときは朝から心身とも診療モードになっておりますので、周囲のことに注意がいかなくなるのかもしれません。。。
この辺りは周囲にそこまで木々は多くないように思うのですが、蝉の声は結構多数匹の様相です。

当然蝉は夏の生き物ですので、いかにも盛夏であるのを訴えるように聞こえてきます。なんでこんなに賑やかなのに気が付かなかっただろうと疑問に思うと同時に一気に暑さが身に沁みてきました。。。

診療室に戻って程なく患者様がお出でになりました。少し気がかりだった腫れはなく、痛みも思ったほどではなかったとのこと。もちろん神経損傷による腫れなどもありません。
ほっと安堵して消毒を終え、ワタシはまたいつ終わるともわからない「と・あるプロジェクト」の作業に向いました。

2018-08-06 08:58:30

コメント(0)

ゲイシャを焼く

院長の舩﨑です。

今日の表題、ビックリしませんか?w

実はゲイシャというのは「芸者」ではなく、コーヒー豆の品種のことをいいます。もとはエチオピアのゲシャ村というところで栽培されていた品種で、それでゲイシャという名前になったので、何となく日本人には興味を持たれることになったらしいのですが、それ以外にこの豆には驚くべきことがあるのです。

ゲイシャはオリジナルの栽培地を離れ、パナマに渡りました。この豆は栽培が難しい上に収量が少ないことなどから、次第に栽培されなくなってきたのですが、エスメラルダ農園というところが密かに栽培を続け、2004年のパナマの国際品評会で見事に1位を獲得。その後2007年まで1位の座を譲らなかったというマメなのですが、驚くのはその値段。缶コーヒーやブレンドのベースとなる安い豆があるのですが、それは1ポンド(425g)が50セントくらいのときもあったのに対し、ゲイシャが最も高額で取引されたときは1ポンドが約170ドル!安い豆のなんと300倍以上の価格です!

ではなぜここまで高価になったかといいますと、理由はそのフレーバー。香りと言って良いかもしれませんが、レモンのような紅茶のような、コーヒーの種類がわからない人でもゲイシャはすぐ分かる、というくらい特筆すべき香りがあるのです。
それをゲイシャフレーバーというのですが、その他にない稀有なフレーバーがあるがゆえにオークションなどでも高額で競り落とされるようになってきたというわけなのです。ちなみにスターバックスでは1杯¥2,000で販売されたことがあり、話題になったこともあります。

で、そのゲイシャですが、実は焙煎もなかなか難しいんです。
このフレーバーを出す温度帯があるのですが、これを過ぎるとせっかくのフレーバーが消えてしまうのです。ですが、フレーバーが強い時点ではまだコーヒーとしてまだ十分焼けておらず、美味しくないという本末転倒な状態にあり、コーヒーとしても美味しく、ゲイシャフレーバーも豊かに出る、と極めて狭い温度、時間で焙煎を極めていかなければなりません。

某通販サイトのポイントが貯まったので、これを利用して入手したゲイシャがありましたので、焼いてみたのですが、さすがに難しいですね。。。高いお豆ですのでw,ビビりながらちょびっとずつ焼くこと4回目にしてやっと香りと味のバランスが取れました。

特徴的なフレーバーで有名になり、高額になった豆で、それに見合う旨さがあるかといえば、残念ながらそこまではないのですがw、やはり他より美味しく、楽しんでいただくことができました。
焙煎は奥が深いです。

2018-08-04 08:56:04

コメント(0)

抜歯後に痛みをどう感じるか分かる

院長の舩﨑です。

昨日に続いて抜歯ネタです。一応下顎埋伏智歯について、ということで話をしてみたいと思います。

抜歯した際にどれくらいの痛みがでるかみなさんも気になるところでしょうが、ある程度予測することができます。
ただし定量的といいまして、数字のようなものでどのくらいと表記することが困難ですからあくまでも感覚的なもので、かつもちろん当たらないこともありますので、ご参考までに。

ちなみに痛みが強くなる傾向にあるのは歯体がどの程度顎骨内に埋まっているかの影響が大きいです。埋まっている割合が多いとどうしても骨を削除しなければ摘出することができず、骨の削除量の多い少ないが痛みに直結します。当然削除量が多い方が痛み腫れの割合が増えてきます。よく歯ぐきを切るのですが?と恐ろしそうに質問される方がおいでですが、歯肉の切開はそれほど痛みに結びつきません(←渡しの場合はマイナーフラップと言って少ししか切開・剥離しませんので)

とはかかった時間ですが、難易度が高いほど抜歯にかかる時間がながくなりますので、長い場合は痛みが強くなる傾向にあります。ただしスルッと抜けても痛みを強く感じる方もおいでにはなります。

以上は手技的な要因ですが、実はすでに麻酔時から痛みがあるかどうかが分かります。麻酔は注射で行いますので、当然針をさすわけです。表面麻酔は致しますが、注射針を刺入する際のアクション(反応)が大きい方は、これはつまり痛みに弱い、ということになりますが、抜歯後の痛みの感じ方が強い、ということになります。

実際にこれは結構あたっていることが多く、翌日抜歯後の洗浄の際に「痛みはどうでしたか?」とお尋ねした際に、予想度お降りの答えが返ってくることが多いようにもいます。

先程書きましたように定量的に表記するのが困難だと言った理由にもなっているのですが、仮に同じ数値、例えば「5」の痛みを与えたとしても、ある人には「3」くらいにしか感じられなくとも、別な人にとっては「7」くらいに感じられることもあるでしょう。

痛みの感じ方も千差万別である意味面白いことだと思います。ええ、それより痛みが少しでもないように心して処置にあたっております。ハイ。

2018-08-03 08:49:28

コメント(0)

水平埋伏智歯の抜歯

院長の舩﨑です。

最近親知らずの抜歯を希望されておいでになられる方が多いように思います。
しかも当院が2軒めで、1軒目ではできないと言われて来ましたという方も少なくはありません、通常はそこの医院から市立病院や鹿児島大学の歯学部口腔外科で対応することになるかと思いますが、当院指名でご来院いただけるのはありがたいことです。

水平埋伏智歯の抜歯は、それなりに難易度が高い処置ではあり、下歯槽神経の損傷などを来してしまいますと、大変なことになりますので、あまり手を出したがらない先生も多いのは事実ですが、通常の診療同様、場数を踏みますと当然スキルも向上して来ると思います。

勤務医の頃から果敢に?(←こういう表現が良いのか?)水平埋伏智歯には挑んできましたので、抜歯の仕方のコツもようなものが分かってきたように思います。実際どの程度で抜歯が完了するという予測が立ちますし、その時間内で終えることができることが多いです。

一応自分の名前を看板に上げているワケですので、極力腫れや痛みについては気をつけて抜歯を行っております。もちろんあ腫れる方は腫れますし、痛みが出る方は痛みが出るのですが、抜くこともですが、それらの発生を少しでも抑えるようやってきましたので、少しは効果があるのではと思います。

いまのところ事故等なく済んでおりますが、やはり常に細心の注意を払って処置を行っております。この注意力が維持できる限りは、患者様のご要望にお答えしていこうと思います。

2018-08-02 08:54:59

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
uuu