TEL:099-247-6400

〒892-0805鹿児島県鹿児島市大竜町8-1
歯科・歯医者・インプラント

予約優先
お問合せ

鹿児島 インプラント 歯医者 セレック ホワイトニング

ブログ

フナサキ・ブログはこちら 採用情報
QRコードから携帯サイトにアクセスできます
HOME»  ブログ

ブログ

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

高学歴お笑い芸人

院長の舩崎です。

最近はクイズ番組などでも高学歴のお笑い芸人が参加して、解答する姿が放映されることもあり、比較的驚かなくなって来たのですが、YouTubeでたまたま見た女芸人さんに驚きました。要は並の高学歴の経歴では驚かなくなって来ているにもかかわらず驚いたという人物です。

その芸人さんはいわゆるお嬢様学校であるフェリス女学園卒であるのをネタにしているのですが、実は大学が慶應義塾でさらに東京大学(いずれも大学院)のダブルスクール。先祖が誰でも知っている坂上田村麻呂。曽祖父が東京ガス社長で東京大学名誉教授というお家柄。御本人は現在NHKのディレクター職になっているはず。

ここまで行きますと自慢ネタもイヤミに聞こえないくらいすごいのですが、ちょっと疑問に思うのは芸を披露しているとき客席からやたら大きい笑い声が聞こえること。まさか動員していませんよね?w
率直なところ芸人としての実力としては、これが一般人であれば泡沫芸人で消えていくかもしれないというほどではありますが、積極的に対談なども行い、そのキャリアや家柄を活かし?相当の著名人をも呼んでしまうというところは凄いとしか言いようがありません。

周囲からは猛反対されたとのことで、それでも本人は芸人をやりたかったとも思いますが、実は彼女はその先を見ているような気がします。ちなみにその芸人さんとは高松奈々さんで芸名はひらがなたかまつななで活躍されています。ハイ。

2019-11-19 08:48:16

コメント(0)

エビデンスベースと

院長の舩崎です。

皆様はエビデンス(evidence)という言葉を聞かれたことがあるでしょうか?
本来の意味は「証拠」という意味ですが、同じく証拠という語にプルーフ(proof)というものがありますが、確固とした証拠はproofが使われますが、学術的な証拠という意味ではもっぱらエビデンスという言葉が使われます。

一応エビデンスとは学術的根拠があるものを言うのですが、同時に再現性もあり、示された通りにやれば多くはその通りになるものを言います。ひところ前、万能細胞でスタップ細胞というのが発見されたというニュースがありましたが、結局は再現する実験に当人も含め誰も成功しなかったので、エビデンスがない、つまり証拠がないので偽りであろうということになりました。

エビデンスに対し(後述の言葉を用いるためにエビデンスベースとします)、再現性はまつまちであるが個人のスキルによって再現可能なものをナレッジベースと言います。職人技のようなものです。経験によって裏打ちされているもので、誰しもできるものではないが、いわゆる名人と呼ばれる人のみが再現できるものを言います。

世の中は人手不足や用意に習得できるようエビデンスベースで語られることが多いのですが、しっかりとした技というのはよほどの天才でなければコツコツ積み重ねてきた経験によって可能であるものなのです。
そもそもエビデンスベースであろうとある程度の実力がないと何もできませんからね。
歯科の世界は手が動いてなんぼのものの世界なのです。

2019-11-18 08:55:33

コメント(0)

解釈の仕方

院長の舩崎です。

本日土曜日は当院は午前診療。

ところが急患の方がおいでになって、そのまま拝見することに。
からだが不不自由で介助が必要ですので、一つ一つに時間を要します。
歯は重度の歯周病で、どの歯科医もほぼ異存無く抜歯が妥当というケース。が、患者様は事情で残して欲しいとの希望。
無理なご希望というのはどこかしらエラーが出るものですが、ご希望とあればお応えしましょう。

で、ほぼ抜けかかったブリッジ冠を元の位置に戻すために、一緒に抜けて引っ付いてきた歯根は歯肉がもう塞がってもうこのままでは元に戻せませんので、カットしてブリッジを整復しますが、もともとあったお隣の歯とすでに隙間が空いているので、ここをワイヤーで引き寄せ、超強力セメントで固定。はっきりって歯科医学的には不適切ではありますが、いまいまはまだ抜歯をする訳にはいかない患者様のために、ひと肌脱ぎましょう。

で、整復固定が終わり患者様の介助をしてお送りしたときはすでに通常の終了時刻よりも1時間遅くなっていました。
私はこのようなことは医療従事者である以上、当然と思って処置にあたっていたのですが、今回の治療費は抜歯前提であるので、ブリッジとしての再装着など算定にはならず、再診料のみ。労働の最低賃金にも達しません。しかも土曜日は全てスタッフが残り終礼をして一週間を締めくくりますので、全員待機。この1時間は単純計算で数万円の赤字です。また労働時間も規定されていますので、規定をオーバーしたとなるんでしょうね。

そもそもこれは働き方改革が言われ始めてから意識しだしたことで、今まででしたら時間も費用も一顧だにしもしませんでした。一応院長なのでその私が決断?して、診療をお受けしたので私の責任ではあるのですが、恐らくは患者様のためにしたこの行為はどのように解釈すればよいのでしょうか? 私は診ますが、時代の流れで、このようなケースは受け付けなくなってくるでしょうね。事実増えて来ているようで、個人的には電通か博報堂だけに適応しとけばよいこのクソバカな制度をマジに医療の現場に持ち込んで欲しくないです。持ち込むんでしたら十分な対策を講じた上でやれと言いたいです。(ちなみに歯科でこの働き方改革がしっかり馴染むのは矯正歯科くらいしか思い当たらないです)
 

2019-11-16 15:03:59

コメント(0)

桜疑獄になるか。。。

院長の舩崎です。

現在世間を騒がせている安倍首相主催の桜を見る会。
追求している野党の民主党もかつては好き選挙区民を勝手に呼んでいたそうなので、脛に傷持つことには変わりがないのですが、当時と違うのはあらゆる意味でコンプライアンスの遵守が求められている点です。

安倍政権はもりかけ問題でもどうにか追求をのがれ、長期政権として権力の座にいにますが、今回は招待客数が多く、ボロが出る可能性が相当高いと思われます。また公職選挙法はあまり意味がないザル法だと言われていますが、あまりにもザルすぎてついついやらかして、結局公職選挙法違反で検挙されるに至るケースもありますので、安倍政権にとっての逆風はおそらく従来よりも相当大きくなるのではないかと思います。

まぁまずいと思わなければせっかく令和はじめての桜を見る会をさっさと中止にはしないでしょうし、アイドルグループ嵐の二宮くんの婚約もこの疑惑を吹き飛ばすには全く不十分でしたw
しかも桜を見る会での昼食は安倍首相の友人のレストランが提供していたようで、参加者数の増加に伴ってその費用も年々上昇してきています。そんな友達思いの安倍首相ですが、これらにはやはり税金が使われているわけで、どう考えても公私混同のそしりは免れないと思います。

このまま逃げ切るのか、今後どのような展開になるか分かりませんが、まさか桜で足元を救われようとは思ってもいなかったでしょうね。
 

2019-11-16 08:41:11

コメント(0)

現場からどんどん人がいなくなる

院長の舩崎です。

製造業など大規模な工場では、オートメーション化が進み規模の割には実際に現場にいる人の数は極めて少ないのですが、これは比較的早い段階からこのような状況になっています。

ところが最近では従業員の負担軽減か、人件費削減か、あるいは人手不足なのか分かりませんが、サービス業においても少ない人数でオペレーションを行うところが多くなってきました。ちょっと時代錯誤かもしれませんが、私どもが小さい頃は、市電もバスも車掌さんが居て、車内で切符の販売をしていましたし、スーパーのレジはレジを打つ人と、包装したり袋に詰めたりする人も居て、レジも2人体制でした。

レジはほぼほぼ1人のところが殆どですし、最近ではお客が自分で精算をする店も出てきていますね。
同様無人運転手の電車もあり、遠隔で安全確認する人だけ自動運転で運用されています。

一部の例ではありますがこのように現場からは人の数が減らされてきており、少ない人数かあるいは無人に近い状態でも運用ができるようになってきました。

我々医療の現場を考えますと、AIのロボットが介助するようになるのかもしれませんが、人の面倒を見るのはいまのところ人でありまして、なかなか少ない人数で運用するのが困難な業種でもあります。しかも年々歯科衛生士や看護師は採用困難になってきており、そんな中での採用は一般論的には高待遇を持って提示するしか無く、全く増えない診療報酬のなかで雇用や経営を行っていくのは非常に難しい舵取りが求められてきています。個人経営がほとんどの歯科はさらにこのままで大丈夫かといつも心配の種が尽きません。
 

2019-11-15 08:50:30

コメント(0)

LGBT

院長の舩崎です。

多くの生物は種の保存のために雌雄(人間では男女)が存在します。
人間でない生物が己の性をどう思っているか、あるいは思いさえもしないかは別にして、高度な人間は、与えられた性に対し、心が受け入れることができずに苦悩している人がいます。また苦悩するまでもなく同性が恋愛対象の人もします。

最近小学校?では男女間でお互いを呼びあうときに、男女問わず◯◯さんと呼ばなければならないそうです。やはり性を意識したものでしょうか。表立ってないところでは、呼び捨てや〇〇くん、〇〇ちゃんだったりするらしいので、小さい頃から周辺を覗い使い分けの術を学んでいるとは思いたくありませんが、そんな感じらしいです。

要は以前はあまり話題として取り上げられることのなかった少数のこのような人々に脚光が当たってきているのですが、根本には差別があったからに他なりません。
私がかつてロスアンジェルスにインプラントの講習で行った特の空き時間、同行した先生とサンタモニカの有名な桟橋に行ったことがあるのですが、海に突き出すように造られているその桟橋は、夕方になると夕日が沈み、非常に良い雰囲気を醸し出します。そのような夕日を見て感慨に耽るのは人物共通なのですが、意外と同性愛のカップルも多く、結構ガタイが逞しい中高年の男性カップルが抱擁しているのを目にしたとき、正直気持ち悪いと思いました。

これが十年くらい前のことですが、このような人たちが取り上げられる機会は断然多くなってきました。私はLGBTであれ、同性愛者であれ、否定するものではありません。もちろん差別もしませんが、仮にロスアンジェルスの桟橋で熱い抱擁をしているのが男女カップルでしたら、気持ち悪いなどとは思いもしませんが、おそらく今でも同性がこのような状況でしたら、相変わらず気持ち悪い、と思います。別に抱擁まで行かなくとも手を握っていても、快くは思いません。もちろんそうだからと言って、物理的?な差別をする行為を行うわけではありませんが、仮にこの感情が差別でしたら、差別になるのでしょう。
より普遍的になれば見慣れた光景で、違和感の度合いも減るのでしょうが、特に私の幼少期は男女が共にいるだけで不純異性交遊の烙印を押されるような世相でしたので、そのような時代背景で今まで生きてきますと、心の感情までをも違和感がないまでに持っていくことはできないです。世の中が単純でなくなってより複雑化することにやや疲労感を覚えるのは歳をとった製でしょうか?

2019-11-14 09:03:03

コメント(0)

抜歯後の顛末

院長の舩崎です。

もし何らかの原因で抜歯をしなければならない歯があったとします。
多くの方は抜歯が嬉しいはずもなく、できれば先延ばしにしたいという方もおいででしょう。
私は、抜歯の対象歯が、現在どうにか使えており、若干経過を観察しても、前後の歯に炎症の影響が及ばない範囲で、抜歯後は義歯を考えている方はいよいよご当人が決断がつくまで様子を見てもよろしいかと思っております。


一方、上記の場合と逆の場合で、なおかつ一番奥の歯単独であったり、治療をインプラントを考えている場合は、早いうちに治療に着手することをお勧めします。
理由は、次に治療に至るまでに腫れたり、痛みが出たりする恐れを回避することと、インプラントの方がしっかり噛めるというメリットを早期に獲得するということです。まぁ炎症で相当に骨が吸収してもインプラントはできますが、長期的な予知性(安定して長持ちするということ)を考慮しますと、当然条件は良いに越したことはありません。

また大臼歯は噛み合わせると同時に、歯全体のかみ合わせを支えるという働きがあります。臼歯が無くなりますと、その前方の小臼歯に負担がかかり始め、最悪ここも動き出した末にダメになることが多く見られます。当然その次は前歯へと続きます。
このような場合は、すでに前歯も前に飛び出てきたり、動き始めている場合が多いです。

このような場合は、もしインプラントで咬合を回復しようとしますと、すでに1本だけでは済まなくなっており、複数本必要であることを考えますと、治療費も相当高額になってしまいます。またインプラントは保険外の治療で、治療費には消費税がかかります。現在の税率は10%ですので、結構金額的にもキツくなってしまいます。

高額ではありますが、以後の治療費を極力出さないで済むようにして、さらには早いうちに痛みや不快感から開放されて、しっかり噛めるということを考えますとインプラントは考えておくべき選択肢であると思います。

2019-11-13 08:51:08

コメント(0)

いつの世でも、世を憂う

院長の舩崎です。

卑近な例では「最近の若い者は。。」と若者の動向を危惧する言葉がありますが、実はこれは古くローマ時代から使われていたそうで、そのころから現在に至るまで、若者が悲惨なまでに劣化している話は聞きませんので、若者と中高年以降の物の考え方は違っている、ということを端的に表しているかと思います。

また同時に「今の世は。。」と世の趨勢を嘆く声もやはり同様に昔からあったのかと思いますが、昔と違うのは明らかにIT機器などが高度に発達してきて、従来の人間が生活してきた環境が大きく変わってきており、それに即応するように人間の物の考え方も変わってきております。

そこにはどうしてもコンピュータなどの機器の存在が深く関わっており、一部今まで人間が行ってきた業務と入れ替わって来ております。業種によっては人が不要になるものも今後一層出てくるでしょうし、必然的に人間でなければならない業種は限られてきますので、利便性と引き換えに自分の首を絞めているような時代がすぐそこまで訪れてきているように思います。

このことは一例ではありますが、今後一層その傾向は強くなっていくでしょうし、地球温暖化など環境の問題などもあり、そのようなことを考えますと、果たして近未来はどうなるんでしょうか?
歯科は一応まだ少しは安泰だとは思いますが。。。
 

2019-11-12 08:49:12

コメント(0)

VTuberとな。。。

院長の舩崎です。

みなさまもYouTubeはご存知だと思いますが、VTubeっていうのはご存知でしょうか?
YouTubeは基本的に投稿する人物なりが出演して、コンテンツを作っていくものですが、VTubeはコンピューターで作られた仮想のキャラクターが出演するものを言います。

簡単に行ってしまえばアニメで出てくるようなキャラクターがより3D(立体)ぽく見えるのですが、これがあたかも人物のように動き、会話します。もちろんこのキャラクターが意思を持って動き、会話するのではなく、今のところは(高度なコンテンツは、ですが)赤外線センサーを身体に付けた人間が、モーションキャプチャーで動きをコンピューターに取り込み、仮想キャラクター(アバター)に投影しているに過ぎませんが、その動きはアニメのレベルを遥かに超えており、あたかも人が喋り動いているような感覚になります。

ひところ前はボーカロイドと言って仮想のキャラクターが歌を歌う物がありましたが、有名なのは初音ミクというのがあるのですが、皆様は聞かれたことがありますか? 
似たようなものではありますがより制限がなくなっているのが特筆すべき事で、実際にコンサートを開催したりもして活動しているのですが、かなりコアなファンがおり、会場は熱狂に包まれると言います。形のあるロボットのようなものではありませんおで、あくまでもスクリーン上に映し出されるキャラクターに、聴衆が歓喜するさまは、分からなくもありませんが相当な違和感を覚えます。

いまのところまだ人間の動きを投影するわけで操り人形に過ぎませんが、そのうちある程度コンピューターが受け答えするレベルのものも開発されてくるでしょう。こんなのときは必ず出てくるのがAIなのですが、AIも元は人間がアルゴリズムを組んでプログラムしているに過ぎませんが、やがてAIがAIを作り始めると、かつて人間がしていたものとは比較にならないほど飛躍的に能力が向上するそうです。

そうしますとやがてはAIが意思を持ち始め、人間を敵と見なし、攻撃を始め、やがては核をも用いるようになる。よく出てくる未来型のSFの筋書きではありますが、事実として人間を敵とみなしてまではありませんが、自律的な意思を持つAIの開発は相当なレベルで進んでおり、人間がAIに支配される世の中が来るようになりますよ。まだAI利用する段階ですが、立場が逆転して支配される世の中にならないことを願わずにはいられません。
 

2019-11-11 09:01:47

コメント(0)

国民は民間企業の具ではない

最近、不満と政治的な話が多く、間違いなくジジィになった舩崎59歳です。

さきほどのブログに続くようなものですが、英語の入試を民間業者に行わせるというのは、日本国民つまりは受験生を私企業の利権問題の泥沼に嵌め込むということです。

案件を提案するときはもっともらしい理由をつけなければ国民の同意が得られませんが、今回も社内で英語を活用するという楽天の三木谷が主導して来たらしいのですが、その後の協議会のメンバーはなだたる民間業者の面々ばかりだったそうです。

条件もバラバラで基準も違うものをどう斟酌すればよいのか疑問を呈する大学もあったようですが、民間英語試験導入の小委員会がゴリ押しして決定になった経緯があります。(座長楽天三木谷) 有識者会議では明海大学の大津由紀雄教授が三木谷と激しく議論したとのことですが、所詮は出来レース。まぁ一応民主的に議論しましたからね、という手法はこの手の利権物では常套手段で、今回も民間英語試験が導入されることに決まったというわけです。

私も英語の必要性は強く感じますし、習得すべきものだと思っておりますが、その前に肝心の母国語である日本語をしかっかり学ぶことが必要で、今回も大津教授はこのような風潮の英語をハリボテ英語と読んで揶揄されております。

で、このお粗末な利権受験があわや実行寸前という段階になって、ヒーローが現れます。
今回導入中止に追い込んだ「身の丈」発言でお馴染みの萩生田光一文科省大臣そのヒトですw
もちろん萩生田大臣自身も推進派ではあったのですが、保身を身上とする官僚と、利権の民間の雄三木谷ではこの事案に対する熱量が違い、このまま問題が拡大し、我が身に火の粉が飛んでくることを恐れた萩生田大臣は安倍首相に泣きつき、とっとと導入を見合わせることにしたというのが顛末なようです。

受験生を愚弄するような汚い利権の具にならなかったことがまだ幸いという気がしますが、もうちょっと怒ったほうがいい気もしますけどね。。
 

2019-11-09 15:40:38

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
uuu